JAあつぎ

あつぎの生産者Atsugi Farmers

これまでの記事

厚木市戸田 小塩 宏行さん

先代から農業を継ぎ 向上心を持って営農

 相川地区にある67アールの圃場で、梨をはじめとした果樹のほか、水稲や切り花、露地野菜など、多品目を栽培しています。

厚木市温水 伊藤 直文さん

家族で多品目を生産 地域農業をけん引

 南毛利地区で家族とともに農業を営む伊藤さん。約3ヘクタールの圃場で年間30品目以上の露地野菜を栽培しています。

厚木市小野 髙橋 多智子さん

受け継いだ土地で楽しみながら農業に取り組む

 玉川地区にある20アールの圃場でタマネギやインゲンなどの露地野菜を栽培するほか、18アールの水田で米を生産しています。

厚木市下古沢 沼田 道男さん

こだわりをもって営農に取り組む

 地域で代々続く農家に生まれ、小学生の頃から牛の餌やりを手伝うなど、農業に携わってきた沼田さん。就職後は、会社勤めと農作業を両立させてきました。

厚木市及川 栗原 富栄さん

絶えない向上心で地域農業を守る

 睦合地区の圃場で代々農業を営む栗原さん。60アールの畑でサツマイモやダイコンなどの根菜類を中心とした露地野菜を栽培するほか、1.9ヘクタールの水田で米を生産しています。

厚木市上荻野 曾根 てる子さん

地域資源を活用し喜ばれる農作物を届ける

 荻野地区にある30アールの圃場で、トマトやタマネギ、ホウレンソウなどの露地野菜を栽培。地域資源を有効活用し、良質な農産物の栽培に力を注いでいます。

厚木市中依知 藤野 喜友さん

環境に配慮した農業を 大豆の魅力を地域へ

 依知地区にある95アールの圃場で、水稲をはじめ、ナスやキュウリなどの露地野菜を栽培。大豆栽培の振興を図る「JAあつぎ大豆部会」の部会員として、良質な大豆の生産に力を注いでいます。

清川村煤ヶ谷 山口 茂さん

向上心を忘れず仲間とともに切磋琢磨

 2017年に本格的に就農し、ハウスと露地で年間13種類の野菜を栽培。同村の生産部会「あぐ里グループ」の会長として、仲間とともに良質な作物の生産に励んでいます。

厚木市戸田 清田 康宏さん

父とともに農業に専念 思いを胸に新たな挑戦を

 父の農業を受け継ぐため、2018年に新規就農。相川地区の圃場で、水稲をはじめ、ネギやダイコン、子持ち高菜など年間20種類以上の露地野菜を栽培しています。

厚木市長谷 加藤 克美さん

地域農業と向き合い愛情を込めた作物作りを

 南毛利地区の圃場で水稲と果樹、露地野菜を栽培。地域の担い手として活躍しながら、良質な農産物の生産に向け、努力を重ねています。

厚木市小野 宮下 寛史さん

集う仲間と苦楽を共に自分たちの農業を創る

 厚木市小野でMOMONA FARMを経営。妻の真里奈さんをはじめ、4人の仲間と農業にいそしんでいます。前職の経験を生かし、品質の高い農産物や野菜苗作りに励んでいます。

厚木市飯山 佐々木 重利さん

花きの栽培に情熱を注ぎ次世代へ技術を継承

 シクラメンやペチュニアなどの花きを生産。昭和28年頃から栽培に着手し、試行錯誤を重ねてきました。現在は、息子の和男さん、孫の潤一さんの3世代で栽培に勤しんでいます。

厚木市三田 小澤 隆さん

地域の農地を守り楽しみながら農業に向き合う

 睦合地区にある圃場で、水稲や露地野菜を栽培。厚木市農業委員会の農業委員として、地域農業の振興に向け、管内のさまざまな課題に取り組んでいます。

厚木市下荻野 森永 振一郎さん

経験を生かして就農 仲間とともに農業に勤しむ

 BIG UP FARMを経営。3人の仲間とともに、荻野地区にある2.3ヘクタールの圃場で、ナスをはじめとした露地野菜を栽培。市場での経験やノウハウを生かし、さまざまな工夫を凝らしながら農業と向き合います。

厚木市山際 野路 豊さん

地域のつながりを大切に人に喜ばれる作物づくりを

 依知地区にある約90アールの圃場で、水稲やジャガイモ、ネギなどの露地野菜を栽培しています。地域のつながりを大切に、良質な農産物の栽培に力を注ぎます。

清川村煤ヶ谷 山口 力さん

自然に囲まれた地で工夫を凝らして農業に専念

 清川地区にある33アールの圃場で、茶と水稲、露地野菜を栽培。農機具を自作して作業効率化を目指しながら、農業にいそしんでいます。

厚木市戸田 山口 藤夫さん

愛情とこだわりを持って 自分らしい農業を

 相川地区にある145アールの圃場で、水稲をはじめ、キャベツやトウモロコシ、エダマメなどの露地野菜を栽培。定年後に本格的に就農し、JAあつぎ農業塾を受講しました。

厚木市長谷 山口 朋彦さん

何事も挑戦する志を持ち 農を通じた地域交流を

 南毛利地区にある95アールの圃場で、水稲をはじめ、シュンギクやネギなどの露地野菜を栽培。休耕期の水田では、地域の人々との交流の場として菜の花を栽培し、景観維持にもつなげています。

厚木市七沢 三橋 正巳さん

新規就農で新たな道へ 楽しみながら農業に専念

 玉川地区にある44アールの圃場で、ネギやダイコン、キャベツなどの露地野菜を栽培。JAあつぎ農業塾を受講し、新規就農しました。

厚木市飯山 志村 壽正さん

先代の農地を守るため農業とともに歩む

 小鮎地区にある60アールの圃場で、水稲と露地野菜を栽培しています。有機堆肥を使い、土地に合った栽培方法を実践しています。

厚木市妻田南 藤井 トメ子さん

代々受け継がれた思いを次代へつなぐために

 睦合地区にある20アールの圃場で露地野菜を栽培。約300年続く土地を守り、都市型農業を続けていこうと、市街化がすすむ地域に合わせた農地活用を行いながら農業にいそしんでいます。

厚木市上荻野 曽根 昭典さん

経験を生かし栽培に工夫を凝らす

 荻野地区にある30アールの圃場で、葉物や根菜、果樹などの農産物を栽培しています。農産物は、JA農産物直売所「夢未市」・「グリーンセンター」に出荷しています。

厚木市山際 梅澤 正里さん

父の意思を継ぎ新たに農業の道へ

 今年の9月に本格的に就農し、依知地区にある80アールの圃場で、水稲と露地野菜を栽培しています。

清川村煤ヶ谷 山口 静雄さん

「好き」を生かして楽しみながら養蜂を営む

 清川地区で2015年から本格的に養蜂を始めました。畑では、ラッカセイやピーマンなどの露地野菜を栽培しています。

厚木市戸田 小菅 稔久さん

父の農業を受け継ぎ自分らしいスタイルを

 相川地区の約90アールの圃場で、水稲をはじめ、イチゴの施設栽培やオクラやナスなどの露地野菜を栽培しています。

厚木市愛甲東 牧田 啓子さん

人とのつながりを大切に自分らしい農業を

 愛甲地区にある約2ヘクタールの圃場で、水稲や露地野菜を栽培。農家レストラン「おしょうしな屋」を経営しています。

厚木市小野 三橋 曻さん

農業体験を通じて食と農、地域農業の大切さを伝える

 玉川地区にある約80アールの圃場で、果樹や露地野菜、水稲を栽培。保育園や幼稚園児、福祉施設の利用者などを対象に、収穫体験を通じた食農教育活動に取り組んでいます。

厚木市飯山 八木 勉さん

先代から農業を受け継ぎ地域へ食と農を伝える

 小鮎地区にある約1.7ヘクタールの圃場で、茶と水稲、トウモロコシやタマネギ、ソラマメなどの露地野菜を栽培しています。

厚木市林 小川 修さん

農地を守るためさまざまな努力を重ねる

 睦合地区にある16アールの圃場で、水稲と露地野菜を栽培。市街化が進む地域で、農地を残していこうとさまざまな努力を重ねます。

厚木市中荻野 鈴木 貴さん

地域の資源を活用し昔ながらの農業を営む

 荻野地区にある1.2ヘクタールの圃場で、年間約60 品目の作物を栽培。地域から出た資源を有効活用し、有機農法で作物を栽培しています。

厚木市金田 清水 功さん

多様な農産物の魅力を多くの人に伝えるために

 金田地区にある約50アールの圃場で、水稲と露地・施設野菜を栽培。ビーツやカーボロネロなどの西洋野菜の栽培にも力を入れています。

厚木市戸田 大貫 明さん

積み重ねた経験を生かし農業に勤しむ

 相川地区にある約55 アールの圃場で、水稲や梨、ブドウ、柿などの果樹のほか、ホウレンソウやダイコンなどの露地野菜を中心に栽培しています。

厚木市長谷 落合 ハルさん

新鮮な地場農産物で愛される加工品作りを

 南毛利地区にある約30アールの圃場で、水稲のほか、ダイコンやハクサイなどの露地野菜を栽培しています。

厚木市小野 三橋 純子さん

伝統の味を受け継ぎ守っていくために

 玉川地区にある約50アールの圃場で、かながわブランドに登録される「厚木のぶどう」や露地野菜を栽培しています。

厚木市飯山 髙橋 敏巳さん

消費者へ安全・安心な農作物を届けるために

 小鮎地区にある約50アールの圃場で、水稲とダイコン、ブロッコリーなどの露地野菜を栽培しています。

厚木市棚沢 飛川 雄治さん

農業が好きだから「農地を守りたい」思いを胸に

 睦合地区にある約40アールの圃場で、水稲とラッカセイやサトイモなどの露地野菜を栽培しています。

厚木市上荻野 三平 定邦さん

中山間地域特有の生産に不利な状況を乗り越える

 荻野地区にある40アールの圃場で、水稲や露地野菜を栽培。鳥獣被害対策として、5年前からコンニャクの栽培に取り組んでいます。

厚木市山際 湯舟 武さん

仲間や家族と支え合い農業に勤しむ

 依知地区にある約130アールの圃場で、水稲やサツマイモ・サトイモなどの根菜類を中心に栽培しています。

厚木市酒井 毛利 豊治さん

先代の技を継ぎ質の高い作物づくりを

 約60アールの圃場で水稲や露地野菜を栽培。赤シソの生産に力を入れています。

清川村煤ヶ谷 チャピュア清川支援部

管内の地域茶業を支える新たな担い手として活躍

 2002年7月に設立された荒茶工場「チャピュア清川」の設立時から、担い手組織として活動しています。

厚木市船子 橋本 浩二さん

向上心を持ち、より良い農産物づくりを

 約60アールの圃場で水稲や露地野菜のほか、かながわブランドに登録される「厚木のぶどう」を栽培しています。

厚木市七沢 遠藤 芳輝さん

周囲への感謝を忘れず、新たな挑戦を

 玉川地区にある約70アールの圃場で水稲や露地野菜などを栽培。今年から新たにシイタケ栽培に挑戦しています。

厚木市飯山 川田 明彦さん

中山間地でも安定した農作物の栽培を

 小鮎地区にある約100アールの圃場で、水稲と露地野菜を栽培、夢未市とグリーンセンターに出荷しています。

厚木市下川入 鈴木 家太郎さん

経験重ね品質の高い作物を

 睦合地区にある約50アールの圃場で、水稲をはじめ、さまざまな露地野菜を栽培しています。

厚木市小野 髙橋 一憲さん

農地を受け継ぎ自分らしい農業を

 玉川地区にある約90アールの圃場で、水稲と露地野菜を栽培しています。

清川村煤ヶ谷 石川 仁さん

質の高い茶栽培へ努力重ねる

 清川地区にある30 アールの圃場で茶栽培を行っています。

厚木市金田 髙澤 公一さん

仲間や家族と楽しみながら農業を

 依知地区にある60アールの圃場で水稲と露地野菜を栽培しています。

厚木市三田 林 克彦さん

消費者へ喜んでもらえる農作物づくりを

 睦合地区にある約70アールの圃場で露地野菜を栽培。夢未市本店やグリーンセンター、近隣の直売所へ出荷しています。

厚木市酒井 鹿倉 元久さん

経験を生かし効率的な農業を

 相川地区にある約130アールの水田と約15アールの畑で水稲と露地野菜を栽培。夢未市本店・相川店へ出荷しています。

厚木市戸田 杉山 寛さん

杉山ブランドで父の背中を追う

 相川地区のハウスでいちごを栽培。夢未市への出荷やハウスでの直売を行うほか、厚木観光いちご狩り組合に所属し、地場産のいちごの魅力を伝えています。

清川村煤ヶ谷 山口 健也さん

清川の地で夢実現へ

 清川地区の圃場で季節に合わせた露地野菜を栽培。現在は、鳥獣被害に強い葉にんにくの栽培に力を入れています。

煤ヶ谷 山口 昌興さん

こだわりの飼育方法と飼料

 水と緑あふれる清川村で有限会社山口養豚場を経営。15人の従業員とともに、年間約14,000頭の豚を飼育し、毎月約1,200頭を出荷しています。

リンゴ林喜 一さん

こだわりは、色づきと味のバランス

 厚木市園芸協会果樹部会りんご委員会の林喜一さんは、10アールの圃場で「涼香の季節」をはじめ、「ぐんま名月」など計7品種を栽培。

リンゴ大貫 一義さん

接ぎ木の技術で多様な品種の果樹を栽培

 実りの時期に向け、小さな実が膨らみ始めた初夏の果樹園で摘果などの管理作業に精を出す大貫一義さん。

ブドウ霜島 アリシアさん

消費者に喜ばれる高品質なブドウ栽培を

 厚木市園芸協会果樹部会ぶどう委員会に所属する、同市飯山の霜島アリシアさんは、約20アールの圃場で「藤稔」や「巨峰」、「シャインマスカット」、「ベニバラード」など約11品種のブドウを栽培しています。

ブドウ難波 博文さん

質の高いブドウ栽培に向け奮闘

 厚木市市下荻野の難波博文さんは、約15アールのハウスで「藤稔」や「シャインマスカット」を中心に栽培。

あつぎせせらぎ米柏木 孝さん

意見や要望を取り入れた水稲栽培

 代々専業農家として水稲を栽培する家に生まれた柏木さんは、仕事のかたわら先代から栽培のノウハウを学び、定年退職後に本格的に就農しました。

あつぎせせらぎ米森屋 知之さん

受け継ぎ培った水稲の栽培方法

 先代よりとび職と農業を受け継いだ森屋さん。現在は、水稲栽培に力を注ぎ、依知地区に点在する20カ所、約2ヘクタールの水田で栽培を行っています。

あつぎの梨小塩 宏行さん

こだわりのブランド梨を栽培

 厚木市相川地区の生産者で組織する「相川梨組合」は、特産品として地位を確立しようと栽培方法にこだわり、品質の高い梨栽培に力を入れています。

あつぎの梨鈴木 新一さん

こだわりの梨を栽培

 豊かに農作物が実る厚木市相川地区では、梨の生産者で組織する「相川梨組合」が、「かながわブランド」に登録される「あつぎの梨」を栽培しています。

あつぎの梨髙澤 和雄さん

地域と共存で良質な梨を生産

 厚木市愛甲の「上愛甲梨組合」では、環境保全型農業を実践し、地域との共存を図っています。

厚木トマト木原 米雄さん

こだわりを持ち最高のトマトづくりを

 厚木市園芸協会施設やさい部会の木原米雄部さんは、約17アールのハウスで「マイロック」を栽培しています。

厚木トマト大貫 浩一さん

高品質なトマト生産を目指して

 厚木市園芸協会施設やさい部会の大貫浩一さんは、10アールのハウスで「マイロック」を栽培。

葉ニンニク細野 友美さん

山間地区の特産化へ生産強化・JAあつぎ管内で葉ニンニクを栽培

 JAあつぎは、鳥獣被害に強い「葉ニンニク」の作付提案を積極的に行い、生産品目の拡大と特産化に向け動きを強めています。

豚肉厚木市上依知 江戸屋養豚場 古性忠一さん

都市型養豚で安全・安心な豚肉を消費者に届ける

 厚木市上依知で都市型養豚を家族4人で営む江戸屋養豚場の古性忠一さんは、小規模だがコストと環境を考慮し、安全・安心を追求した高付加価値販売により収益性の高い経営を行っています。

豚肉厚木市飯山 有限会社臼井農産

愛情込めて育てた豚肉を地域へ

 厚木市飯山にある有限会社臼井農産は、市内最大の養豚業者。厚木の豚のおいしさを広めようと、飼育から「とん漬け」などの商品製造、流通までを一貫して手掛けています。

イチゴ厚木市下津古久 内海 則行さん

おいしさ詰まった完熟イチゴを栽培

 内海則行さんが営む「内海いちご園」では、毎年5月になるとイチゴの栽培が始まります。

JAあつぎ農産物直売所

夢未市外観写真
夢未市店内写真
生産者と消費者を結ぶ「夢未市」。新鮮で安全・安心な地場農畜産物をお届けするとともに、食と農の大切さや地産地消の推進を図ってまいります。

今月のオススメ!
旬の農産物

Seasonal Agricultural Products
重要なエネルギー源。必須アミノ酸のバランスも良い
旬の農産物のお買い求めは、JAあつぎの農産物直売所「夢未市」へどうぞ!
ページの先頭へ