JAあつぎ

あつぎの生産者Atsugi Farmers

地域資源を活用し
喜ばれる農作物を届ける

厚木市上荻野 曾根 てる子さん
 荻野地区にある30アールの圃場で、トマトやタマネギ、ホウレンソウなどの露地野菜を栽培。地域資源を有効活用し、良質な農産物の栽培に力を注いでいます。

託された農地を守る

 夫の和義さんと結婚した後に、働きながら家庭菜園で野菜を栽培していたてる子さん。和義さんの定年退職を機に13年前から本格的に就農しました。3年前に和義さんが他界し、託された農地を守っていこうと決意しました。

地域資源を有効活用

ナバナの生育状況を確認する様子の写真
運搬機を使い牛糞堆肥を運ぶ

 現在は、30アールの圃場でタマネギやホウレンソウ、ジャガイモなどの露地野菜を栽培。有機堆肥の油かすと地域資源の牛糞堆肥を中心に土作りを行い、農薬は極力使わないなど、高品質で安全・安心な農産物の生産に努めています。出荷は、JAあつぎ農産物直売所「夢未市」と「グリーンセンター」に行っています。

トマトの生産に情熱を注ぐ

ブロッコリーの苗の定植の様子の写真
自作の苗箱で苗の状態を確認

 酸味と甘みのバランスが良く、果肉がしっかりとした特徴のトマト「麗夏」の栽培に力を入れる曾根さん。苗は、自作の苗箱を活用し、日当たり具合を調整して温度管理を行います。定植後は、土壌の水分量を見極めながらかん水を行うほか、連作障害や病害虫にも気を付けて管理を行っています。購入者の中にはリピーターも多く、「トマトのうま味が口いっぱいに広がり、おいしかった」など、温かい声をもらえることがやりがいにつながっています。

 曾根さんは「丹精込めて育てた農産物を、喜んで食べてもらえることがうれしい。今後も、健康に気を付けながら、受け継いだ農地を守っていきたい」と意気込みを語ります。

JAあつぎ農産物直売所

夢未市外観写真
夢未市店内写真
生産者と消費者を結ぶ「夢未市」。新鮮で安全・安心な地場農畜産物をお届けするとともに、食と農の大切さや地産地消の推進を図ってまいります。

今月のオススメ!
旬の農産物

Seasonal Agricultural Products
重要なエネルギー源。必須アミノ酸のバランスも良い
旬の農産物のお買い求めは、JAあつぎの農産物直売所「夢未市」へどうぞ!
ページの先頭へ