JAあつぎ

あつぎの生産者Atsugi Farmers

経験を生かして就農
仲間とともに農業に勤しむ

厚木市下荻野 森永 振一郎さん
 BIG UP FARMを経営。3人の仲間とともに、荻野地区にある2.3ヘクタールの圃場で、ナスをはじめとした露地野菜を栽培。市場での経験やノウハウを生かし、さまざまな工夫を凝らしながら農業と向き合います。

前職生かし地元で就農

ロゴ・産地が入った段ボールで豊洲市場へ農産物を出荷の写真
ロゴ・産地が入った段ボールで
豊洲市場へ農産物を出荷

 厚木市下荻野で、露地野菜を育てるBIG UP FARMの森永さん。大学卒業後、築地市場に勤務し、流通業を通じて販売のノウハウを学びました。市場の豊洲への移転をきっかけに、地元での就農を決意しました。

 就農後は、義父の圃場で1年間実践を積み、規模拡大のために厚木市都市農業支援センターを通じて新たに農地を借り受けました。現在、2.3ヘクタールの畑でナスやキュウリ、トマトなど、年間約10品目の野菜を栽培。妻の恵美子さんや仲間の協力を経て、農業を営んでいます。

 出荷時には、自らデザインしたロゴと産地を入れた段ボール箱などを使い、商品に付加価値を付ける工夫を行っています。夢未市や近隣のスーパーをはじめ、前職のつながりを生かして豊洲市場などにも出荷しています。

地域の子どもたちへ食農教育の場を提供

保育園児とダイコンの収穫を行う森永さんの写真
保育園児とダイコンの収穫を行う森永さん

 森永さんは、3人の子どもを持つ父としての目線を生かし、地域の子どもたちに食農教育の場を提供しています。昨年は、管内の保育園児を畑に招き、ダイコンの収穫体験を実施。コロナ禍でさまざまなイベントが自粛となる中、園児たちも貴重な体験に目を輝かせていました。

 森永さんは「多くの人や地域のつながりがあって、地元で農業を続けられている。今後は、培ってきた販売のノウハウを、自分のように農業を行う人にも共有していきたい」と話します。

JAあつぎ農産物直売所

夢未市外観写真
夢未市店内写真
生産者と消費者を結ぶ「夢未市」。新鮮で安全・安心な地場農畜産物をお届けするとともに、食と農の大切さや地産地消の推進を図ってまいります。

今月のオススメ!
旬の農産物

Seasonal Agricultural Products
加熱するとぬめりが出るのが特徴
ミネラル豊富で整腸作用にも◎
旬の農産物のお買い求めは、JAあつぎの農産物直売所「夢未市」へどうぞ!
ページの先頭へ