JAあつぎ

あつぎの生産者Atsugi Farmers

細やかな管理で
完熟イチゴを地域にお届け

厚木市下津古久 内海 理光さん
 相川地区のハウスでイチゴを栽培。自宅をはじめ「夢未市」・「グリーンセンター」で販売するほか、イチゴ狩り園を開いています。

家族でイチゴ園を営む

 相川地区で家族と共に「内海いちご園」を営む内海さん。幼い頃より家業である農業を手伝っていたことから、いつかは農業に本格的に携わりたいと考え、30歳で就農しました。現在は、3棟のハウスで「かおり野」や「よつぼし」、県オリジナル品種の「かなこまち」などを栽培。自宅をはじめ、「夢未市」・「グリーンセンター」で販売するほか、1月中旬から5月までイチゴ狩り園を開いています。

栽培へのこだわり

イチゴ狩り園は幅広い世代に人気の写真
イチゴ狩り園は幅広い世代に人気
 大切にしているのは、糖度の高い完熟イチゴを消費者に届けること。ヘタの近くまで赤く熟すのを待って収穫するほか、魚粉や油かすなどが配合された有機肥料を中心に施用。イチゴ本来の甘みを味わってもらうため、こだわりを持って栽培に取り組んでいます。
 品質向上に向けては、情報通信技術(ICT)を取り入れ、ハウス内の環境制御を行っています。センサーで計測した室温や土壌水分度、二酸化炭素濃度などをスマートフォンで確認し、常に最適な状態で育つように管理しています。この他、害虫を捕食する生物農薬を導入するなど、環境負荷の軽減に努めながら、品質の向上を図っています。
 内海さんは「消費者の笑顔やおいしいといった声が、やりがいにつながっている。今後も期待に応えられるよう、家族一丸となって生産拡大と品質向上を図っていきたい」と話しました。

JAあつぎ農産物直売所

夢未市外観写真
夢未市店内写真
生産者と消費者を結ぶ「夢未市」。新鮮で安全・安心な地場農畜産物をお届けするとともに、食と農の大切さや地産地消の推進を図ってまいります。

今月のオススメ!
旬の農産物

Seasonal Agricultural Products
独特なやわらかさと歯応えが特徴。
ビタミン類や葉酸も豊富。
旬の農産物のお買い求めは、JAあつぎの農産物直売所「夢未市」へどうぞ!
ページの先頭へ