JAあつぎ

あつぎの生産者Atsugi Farmers

環境に配慮した農業を
大豆の魅力を地域へ

厚木市中依知 藤野 喜友さん
 依知地区にある95アールの圃場で、水稲をはじめ、ナスやキュウリなどの露地野菜を栽培。大豆栽培の振興を図る「JAあつぎ大豆部会」の部会員として、良質な大豆の生産に力を注いでいます。

農業への思いを抱き就農

 代々農業を営む家に生まれた藤野さん。JA共済連に勤めながら、休日は自宅の農作業を手伝っていました。57歳で早期退職し、先代の農地を引き継いで本格的に就農しました。

津久井在来大豆の生産に情熱を注ぐ

ナバナの生育状況を確認する様子の写真
ナバナの生育状況を確認する様子

 藤野さんは、津久井在来大豆の栽培に力を入れています。「JAあつぎ大豆部会」に所属し、部会員の圃場で行う収穫時期検討会や出荷反省会などを通じ、栽培技術の向上を図っています。圃場では、土壌の水分管理に注意を払うほか、収穫後の畑には麦を植え、すき込むことで連作障害の対策をしています。

 収穫した大豆は、JAやJA農産物直売所「夢未市」へ出荷するほか、自家製みそを造って親戚や近所の人々へおすそ分けしています。

環境に配慮し品質の高い野菜作りを

ブロッコリーの苗の定植の様子の写真
ブロッコリーの苗を定植

 畑では、キュウリやナバナ、ブロッコリーなどの露地野菜を栽培。牛糞堆肥などの地域資源を活用した土作りにこだわっています。野菜苗は種から育て、ビニールハウスで温度管理を行い、できるだけ農薬を使わないよう心掛けるなど、環境に配慮した農業を目指しています。露地野菜の出荷は、「夢未市」へ行っています。

 藤野さんは「津久井在来大豆の特徴や魅力を多くの人に知ってもらい、味わってほしい。今後も、健康に気を付けながら、受け継いだ農地を守っていけるよう、努力を続けていきたい」と意気込みを語ります。

JAあつぎ農産物直売所

夢未市外観写真
夢未市店内写真
生産者と消費者を結ぶ「夢未市」。新鮮で安全・安心な地場農畜産物をお届けするとともに、食と農の大切さや地産地消の推進を図ってまいります。

今月のオススメ!
旬の農産物

Seasonal Agricultural Products
重要なエネルギー源。必須アミノ酸のバランスも良い
旬の農産物のお買い求めは、JAあつぎの農産物直売所「夢未市」へどうぞ!
ページの先頭へ