JAあつぎ

組合員の方向けの新着情報

営農通信

廃ビニール削減と省力化対策について

 近年、廃プラスチック処分費が高騰し、生産者の負担が大きくなっています。このような環境の変化に対応するため、今回は生分解性マルチについてご紹介します。販売目的の生産者であれば、回収作業の大幅な省力化が図れ、省力化できた時間を作付けに費やすことができるなど、生産性の向上につながります。ぜひお試しください。

組合員の方向けのコンテンツ

ページの先頭へ