JAあつぎ

あつぎの生産者Atsugi Farmers

新たな取り組みで
地域農業を未来につなげる

厚木市飯山 霜島 邦夫さん
 果樹をはじめ、露地野菜や水稲など幅広く生産。近年はもち麦やヒマワリの栽培のほか、養蜂にも取り組んでいます。

多角的な経営を行う

 果樹・露地野菜・水稲など幅広い作物を栽培する「霜島農園」を家族で経営している霜島さん。大学で植物について学び、JAの営農指導員を経験した後、先代から経営を引き継ぎました。主として生産しているブドウは、枝当たりに育つ数を減らし、房の大きさにこだわって栽培。贈答用としても人気を集めています。

新たな取り組みで経営を拡大

自宅の直売所は8月中旬から9月上旬ごろ営業の写真
自宅の直売所は8月中旬から9月上旬ごろ営業
 就農後、新たな取り組みとして力を入れている作物が「もち麦」です。健康食として注目され、市場が拡大していることに目を付け、地場産を地域に提供できないかと、栽培を始めました。白米に混ぜても違和感なく食べられる「白もち麦」とポリフェノールを含む「紫もち麦」の2種類を、JA農産物直売所や自宅に併設した直売所などで販売しています。
 地域の農地保全にも力を注ぐ霜島さん。昨年から、「ひまわりプロジェクト」と称した遊休農地でのヒマワリ栽培を始めました。品種は、緑肥としての適性が高い「サンマリノ」。花が見頃を迎えた後、圃場にすき込むことで、有機質を多く含んだ土作りにつなげるほか、同時期に始めた養蜂の蜜源としても活用しています。
 霜島さんは「消費者に喜ばれる農産物を届けようと、日々知識や技術の向上に努めている。生まれ育った地域の農地を守っていくためにも、新たな取り組みを通じて経営の強化を図っていきたい」と話しました。

JAあつぎ農産物直売所

夢未市外観写真
夢未市店内写真
生産者と消費者を結ぶ「夢未市」。新鮮で安全・安心な地場農畜産物をお届けするとともに、食と農の大切さや地産地消の推進を図ってまいります。

今月のオススメ!
旬の農産物

Seasonal Agricultural Products
うま味のもとはグアニル酸。
干すとビタミンDもうま味も増える。
旬の農産物のお買い求めは、JAあつぎの農産物直売所「夢未市」へどうぞ!
ページの先頭へ