JAあつぎ

あつぎの生産者Atsugi Farmers

こだわりをもって
営農に取り組む

厚木市下古沢 沼田 道男さん
 小鮎地区で代々農業を営む沼田さん。ミニトマトやナスなどの果菜類を中心とした露地野菜と栗を、合計50アールの圃場で栽培しています。

農地を受け継ぎ本格的に就農

 地域で代々続く農家に生まれ、小学生の頃から牛の餌やりを手伝うなど、農業に携わってきた沼田さん。就職後は、会社勤めと農作業を両立させてきました。52歳で早期退職後、本格的に就農し、現在は露地野菜と栗を生産しています。施肥量やかん水量などの作業内容の詳細を記録したノートは、現在24冊目。経験を蓄積し、より良い農産物の栽培に努めています。

品質向上への挑戦がやりがいに

「相模」や「伊吹」など約90本の栗を栽培の写真
「相模」や「伊吹」など約90本の栗を栽培

「より高品質なものを消費者に届けるため、新しいことに取り組むことがやりがいになる」と話す沼田さん。新しい品種の導入や栽培方法にも積極的に挑戦してきました。

 ミニトマトは主力となっている「ピンキー」のほか、消費者にさまざまな味を楽しんでもらうため、毎年数種類の品種を試作しています。味見役は誰よりも素直な感想を伝えてくれるお孫さん。自分の感覚だけでなく、家族の声を参考に栽培に励んでいます。

精力的に地域農業を守る

稲架掛け用の資材を活用して手作りしたカボチャの棚の写真
稲架掛け用の資材を活用して手作りしたカボチャの棚

 今年は、ミニカボチャで行うことが多い空中栽培を、大玉種でチャレンジ。形の美しい高品質なカボチャ作りに挑戦しています。「夢未市」で毎年人気を博している水ナスも新たな品種に変更。より良い味と形を目指し、栽培に力を入れています。

 沼田さんは「納得いく野菜ができるまで品質を追求することは大変だが、消費者の声が励みになる。今後も、食べた人が笑顔になるような野菜を作っていきたい」と意気込みを語ります。

JAあつぎ農産物直売所

夢未市外観写真
夢未市店内写真
生産者と消費者を結ぶ「夢未市」。新鮮で安全・安心な地場農畜産物をお届けするとともに、食と農の大切さや地産地消の推進を図ってまいります。

今月のオススメ!
旬の農産物

Seasonal Agricultural Products
皮に多いナスニンが目の疲れを回復。
カリウムも多く、むくみや血圧改善に
旬の農産物のお買い求めは、JAあつぎの農産物直売所「夢未市」へどうぞ!
ページの先頭へ