JAあつぎ

あつぎの生産者Atsugi Farmers

農地を集積
地域の水田を未来へつなぐ

厚木市下荻野 難波 一文さん
 市内全域にある約12ヘクタールの圃場で水稲を栽培。約21トンの米をJAに出荷しています。

休耕田の解消に尽力

 約10年前に父から農地を引き継ぎ、本格的に就農した難波さん。先代は野菜苗を中心に栽培していましたが、地域で増加していた休耕田をなくしたいとの思いから、水稲を専門に栽培し、市内全域の遊休農地を借り受けています。昨年は退職を機に、「(株)営農舎」として農業経営を法人化。より活発に事業の拡大を図っています。

農業機械導入で省力化

専用の草刈り機で畦畔を除草の写真
専用の草刈り機で畦畔を除草
 約120枚もの水田を妻の千賀子さんと2人で管理しているため、省力化は重要な課題の一つです。田植え機は、苗の定植時に肥料と農薬を同時に散布できるものを使用するほか、離れた圃場にトラクターやコンバインを運ぶトラックも導入しました。除草の時間短縮には、畦畔専用の草刈り機を取り入れるなど、機械化を通じて効率化を図り、点在する圃場の管理を可能にしています。

品質向上への取り組み

 「米の品質向上には、観察に基づいた管理が欠かせない」と話す難波さん。水稲の葉色による施肥量の調節や、水田の水はけの違いで水管理のタイミングを変えるなど、圃場ごとに細やかな調整を行い、良質・良食味米の生産につなげています。
 難波さんは「日本の原風景ともいえる水田を地域の未来に残そうと、営農に取り組んでいる。今後は、共に農地を守る担い手を増やすため、次世代の育成にも力を注いでいきたい」と話しました。

JAあつぎ農産物直売所

夢未市外観写真
夢未市店内写真
生産者と消費者を結ぶ「夢未市」。新鮮で安全・安心な地場農畜産物をお届けするとともに、食と農の大切さや地産地消の推進を図ってまいります。

今月のオススメ!
旬の農産物

Seasonal Agricultural Products
独特なやわらかさと歯応えが特徴。
ビタミン類や葉酸も豊富。
旬の農産物のお買い求めは、JAあつぎの農産物直売所「夢未市」へどうぞ!
ページの先頭へ