JAあつぎ

家庭菜園Kitchen Garden

家庭菜園のスタンプ

家庭菜園一覧

家庭菜園

タアサイ 霜に当たるとおいしさが増す

タアサイはツケナの仲間で、中国語で「塌菜」と書きます。「塌」は「つぶれる」という意味です。葉は平たく杯状に広がっており、さじ状で縮れがあり、日本の野菜では「キサラギナ」に似ています。

家庭菜園

カラシナ ピリッとした辛みを楽しむ

カラシナ(芥子菜)はアブラナ科の不結球菜類で、ピリッとした辛みのアリルイソチオシアネートは、食欲増進と殺菌効果を示します。栄養成分として、ビタミン類、ミネラルを多く含む緑黄色野菜です。

家庭菜園

カリフラワー 純白な花蕾を適期に収穫

カリフラワーの生育適温は15~20度といわれ、耐暑性、耐寒性のある野菜です。夏まき・秋冬採りが一年で最も作りやすい時期で、温暖地では7月中旬~8月下旬が種まき期です。

家庭菜園

ラッカセイ ゆでれば甘く、煎れば香ばしい

ラッカセイの根には、根粒菌が共生し、空気中の窒素を植物に供給するため、窒素の少ない土壌でも生育できます。

家庭菜園

カボチャ 強健で育てやすい

生育適温は17〜20度でウリ科野菜の中では比較的低温に強く、強健で病害虫も比較的少ない野菜です。

家庭菜園

ルバーブ 香気と酸味のあるジャムを楽しむ

ルバーブは特有の香気と酸味のある葉柄を利用する永年性の野菜です。

家庭菜園

ニラ 長い期間収穫を楽しむ

春(3、4月)に種まきし、育苗して、6、7月に植え付け、翌年の春〜秋に収穫します。

家庭菜園

カブのトンネル栽培 適切な温度管理を心掛ける

カブは、暑さと乾燥に弱いが、寒さには強いという特徴があります。

家庭菜園

畑仕事に便利な農具 快適で楽しい作業にするために

農具はかつての「村の鍛冶屋さん」が、農作業の用途や土質に適した形に作り上げた道具です。

家庭菜園

鳥獣害から菜園を守る

サル、シカ、イノシシをはじめ、都市近郊の菜園でも、アライグマやハクビシンの被害が増えています。

家庭菜園

ソラマメ マメ科野菜の連作を避ける

ソラマメはサヤが上向きに付くので空豆、サヤの形が蚕の繭に似ているので蚕豆とも書きます。

家庭菜園

ニンニク 適期に植え付け、追肥とかん水を行う

中央アジア原産と推定されるヒガンバナ科の多年生草本で、生育適温は15〜20度、暑さに弱く、寒さには比較的強い野菜です。

家庭菜園

シュンギク 収穫後に花も楽しもう

シュンギクの生育適温は15〜20度と冷涼な気候を好み、春(3〜6月)と秋(9〜11月)が栽培適期です。

家庭菜園

ミズナ(キョウナ)小株から大株まで楽しむ

ミズナ(水菜)は古くから京都で栽培されていたツケナの一種で、キョウナ(京菜)とも呼ばれます。

家庭菜園

ブロッコリー 側花蕾を春まで取り続ける

ブロッコリーは冷涼な気候を好み、生育適温は18〜20度です。

家庭菜園

ゴーヤー(ニガウリ)緑のカーテンにも最適

野菜の中でも、暑いほど生育が旺盛なゴーヤーは特有の苦味が特徴の夏の健康野菜です。

家庭菜園

トマト 完熟でおいしさアップ

トマトのふるさとは日照量が多く、昼夜の気温差の大きい南米アンデス地方。生育適温は昼間25〜30度、夜間10〜20度です。

家庭菜園

ミツバ 香りが良く、お吸い物に重宝

 ミツバは日本原産のセリ科野菜で、半日陰でもよく育ち、乾燥に弱いので、他の野菜の陰になる所に適します。種まきの適期は4〜5月と9月です。

家庭菜園

ジャガイモ多様な品種を楽しむ

 休眠の明けた芽は5度程度で活動が始まるため、早植えして発芽した芽は遅霜の被害を受けます。生育適温は10〜23度で、冷涼な気候を好みます。

家庭菜園

ニンジンのトンネル栽培 とう立ちさせない温度管理を

 ニンジンの発芽適温は15〜25度で発芽には10度以上、生育適温は18〜21度です。緑植物春化型といい、ある程度の大きさになり、低温に遭遇すると花芽が形成され、その後の長日と高温でとう立ちが始まる野菜です。

家庭菜園

落ち葉堆肥と生ごみ堆肥

 広葉樹の中でも、ケヤキなどが堆肥材料に適しています。落ち葉堆肥とは、落ち葉に米ぬかなどの有機質肥料を加えて発酵させた物で、肥料分を含んだ堆肥になります。

家庭菜園

野菜の保存・貯蔵 温度・湿度に配慮して

 家庭菜園で取れた野菜を上手に保存しましょう。土地の気候に合った方法で貯蔵すれば、野菜を長く利用することができます。

家庭菜園

コマツナ べた掛け資材で害虫を防ぐ

 コマツナは耐寒性があり、冬の寒さで特においしくなります。ビタミン類、カルシウム、鉄分を多く含む緑黄色野菜です。

家庭菜園

エンドウ マメ科の連作に注意

 エンドウには若いさやを食べるサヤエンドウ、実が大きくなり、みずみずしいさやのスナップエンドウ、そして若く充実した豆を取る実取りエンドウがあり、それぞれ目的に応じた品種を使います。

家庭菜園

カブ 適期に間引きを行う

 生育適温は15~20度と冷涼な気候に適し、暑さと乾燥に弱いが、寒さには強いという特徴があります。

家庭菜園

レタス サラダ野菜の王様

 レタスの生育適温は、15〜20度と冷涼な気候が良く、日が長くなる季節(春夏)にとう立ちします。

家庭菜園

キャベツ 病害虫の予防を万全に

 キャベツは冷涼な気候を好み、生育適温は20度前後ですが、初期は高温や低温に強い野菜です。

家庭菜園

エダマメ 肥料は控えめに

 大豆を未熟のうちに収穫するのがエダマメ。タンパク質、ビタミンA、Cを多く含み、ビールのおつまみとして夏の栄養補給に最適です。

家庭菜園

色鮮やかなサラダを楽しむ リーフレタス

 レタスの仲間の結球しないタイプで、和名をチリメンチシャといい、赤葉品種はサニーレタスの名でもおなじみです。

家庭菜園

長ネギ 小まめな土寄せで軟白を長く作る

 ネギの原産地は中国西部といわれ、中国では2000年以上の歴史があり、日本でも最も古い野菜の一つです。

家庭菜園

アスパラガス 十分な土作りをして植え付ける

 グリーンアスパラガスには、疲労回復を早めるアスパラギン酸と高血圧を予防するルチンを多く含みます。

家庭菜園

ダイコンのトンネル栽培 とう立ちの遅い品種を選ぶ

 トンネル栽培は晴天日には気温が外気より高く、日中の気温を生育に適切な温度(15~25度)に少しでも長く保つことができます。

家庭菜園

菜園の冬越し いろいろな工夫で長く収穫を楽しむ

 寒さに向かい、冬野菜の収穫や越冬させる野菜の防寒対策など、大切な作業が控えています。

家庭菜園

タマネギ 元肥にリン酸肥料を十分に

 タマネギの生育は、15~20度の冷涼な気候が適し、10度以下では生育が停止しますが、春になり気温が上がり、日が長くなって肥大します。

家庭菜園

ホウレンソウ 酸性土を矯正し、排水を良くする

 ビタミンやミネラルを豊富に含む緑黄色野菜で、特に日本人に不足しがちなビタミンB群や、造血作用に関係する葉酸、そして鉄分とカリウムが多いのが特徴です。

家庭菜園

ダイコン 畑は小石を除き、よく耕す

 ダイコンのピリッとした辛味はイソチオシアネートで食欲を増進します。消化酵素のジアスターゼは胸焼け、胃もたれを解消してくれます。

家庭菜園

ハクサイ 病害虫の予防を万全に

 ハクサイの原産地は中国。日本に本格的に導入されたのは明治初年と意外にも新しい野菜です。

家庭菜園

夏に強いスタミナ野菜 モロヘイヤ

 モロヘイヤは、暑いほど生育が旺盛な野菜。別名「シマツナソ」「タイワンツナソ」とも呼ばれるアオイ科の1年生植物で、主にエジプトを中心に北アフリカ、中近東で栽培されています。

家庭菜園

取れたてが甘くておいしいスイートコーン

 スイートコーンは温暖で強い日光を好む強健な野菜です。

家庭菜園

新鮮な味がたくさん取れるサヤエンドウ

 栽培管理が楽で失敗も少ないサヤエンドウ。店頭では得られない新鮮さが魅力。

家庭菜園

形・色が多彩で楽しみ多いズッキーニ

 ズッキーニはカボチャの仲間の「ペポ種」の一つで、つるなしカボチャの別名もあります。

家庭菜園

ジャガイモは良い種芋を準備して、適期植え付け

 梅の花が咲き終わり、土のぬくもりが感じられる頃(関東南部以西なら3月上旬)になると、ジャガイモの植えどきです。

家庭菜園

春取り小カブのトンネル栽培

 立春が過ぎ、日差しの強まりを感じ始める頃になると、今年の家庭菜園の仕事始めです。一番先に種まきできるお薦めの野菜は小カブです。

家庭菜園

ニラは早めの株分けと更新

 肉との料理の相性が良く、スタミナ料理などに親しまれるニラは、多年草で一度植えておけば、毎年、年に数回収穫できるので、家庭菜園に適した野菜といえましょう。

家庭菜園

冬の手入れが翌年の出来を決めるアスパラガス

 アスパラガスは野菜の中では長命で、一度植えれば数年は収穫が楽しめます。

家庭菜園

サトイモの収穫と上手な貯蔵のコツ

 サトイモの主成分はでんぷん類、このでんぷんは加熱すると糊化し、消化吸収しやすくなります。

ページの先頭へ