JAあつぎ

あなたもチャレンジ!家庭菜園Kitchen Garden

家庭菜園のスタンプ

あなたもチャレンジ!家庭菜園一覧

家庭菜園

ゴマ 暑さと乾燥に強い香味作物

アフリカ原産で、エジプト、インドでは紀元前から栽培されている古くからの栽培植物です。

家庭菜園

小玉スイカ 甘みが強く手頃な大きさ

スイカはアフリカ南部カラハリ砂漠が原産のため、高温、強い光と乾燥でおいしいものが取れます。

家庭菜園

春まきキャベツ育苗管理が肝心

キャベツなどのアブラナ科野菜は夏まき栽培が一般的です。

家庭菜園

菜園の土壌管理 野菜の種類に合わせた土作り

家庭菜園では多くの種類を栽培しますので、それぞれの特性に合わせた土壌管理が必要です。

家庭菜園

寒起こしと天地返し 農閑期に行う土作り

最初は軟らかかった土は野菜を作り続けると次第に硬くなり、水はけが悪くなって病害虫が出やすくなります。春に備えて、菜園に野菜が少ないこの時期に土作りをしましょう。

家庭菜園

小松菜のトンネル栽培 寒さでうまみが増加

小松菜はビタミン類、カルシウム、鉄分を多く含む緑黄色野菜で、特に冬採りは栄養価が高く、甘みも増し最もおいしくなる栽培時期です。

家庭菜園

ラディッシュ サラダの彩りに

ラディッシュはダイコンの仲間で、欧州系の極早生種です。根部は小さくて球形や細長い形で色は白、赤や紫色があります。

家庭菜園

サイシン 夏に強い中国野菜

ナバナに似た中国野菜で、茎葉と花蕾を食べます。草丈30~40cmと小型で暑さに強く、高温でもとうがよく立つので幅広い時期に栽培ができます。

家庭菜園

ナバナ 春に先駆けて季節を味わう

ナバナは童謡でも歌われる春の花。種子から菜種油を採取し、つぼみと若い茎葉を食べる野菜です。

家庭菜園

トレビス 苗作りは十分なかん水を

赤キャベツに似ていますが、レタスの仲間で結球レタスを小ぶりにした形です。

家庭菜園

ニンジン 適期の種まきとかん水を

ニンジンの発芽適温は15~25度で、7~10日で発芽がそろいますが、35度以上では発芽しません。

家庭菜園

ケール 害虫の予防を万全に

青汁の原料のケールは、ベータカロテン、ビタミンC、カルシウムやカリウムなどのミネラル、食物繊維など栄養価が高いスーパーフードです。

家庭菜園

キクイモ 生育旺盛な健康野菜

キクイモは、北米原産のキク科ヒマワリ属の多年生植物です。

家庭菜園

シソ さまざまな用途を楽しむ

青ジソの若葉は大葉と呼ばれ薬味や精進揚げに、赤ジソの葉は梅漬けに利用されます。

家庭菜園

リーキ トロリとした食感を楽しむ

西洋ネギともいわれ、フランス料理ではポアローとの呼び名でシチューや肉の付け合わせに利用されます。

家庭菜園

品種の選び方 野菜作りの第一歩

家庭菜園でおいしく、安全な野菜を作り、いろいろな野菜で食卓を豊かにしましょう。

家庭菜園

余った種を保存 乾燥と低温で

自給菜園ではたくさんの種類を栽培しますので、買い求めた種が少しずつ余ってしまい、使い切れなくなったことはありませんか。余り種は上手に保存すれば、翌年に使うことができます。

家庭菜園

ホウレンソウのトンネル栽培 冬の寒さでおいしさアップ

ホウレンソウの生育適温は、15~20度で冷涼な気候を好みます。耐寒性は強いですが暑さには弱く、25度以上になると生育が衰えます。冬取りは栄養価が高く、甘みも増し最もおいしいです。中間地から暖地の作型となります。

家庭菜園

葉ダイコン 防虫ネットで虫害を回避

ダイコンの葉は、漬け物、ごまあえ、炒め物として利用されます。間引きした葉も利用できますが、葉を食べることを目的に栽培をします。

家庭菜園

チンゲンサイ シャキシャキとした歯触りを楽しむ

チンゲンサイ(青梗菜)は代表的な中国野菜で、ビタミンやミネラルを豊富に含みます。日本の野菜では「体菜」に似ています。中間地では冬を除き、春から秋まで栽培ができます。

家庭菜園

タアサイ 霜に当たるとおいしさが増す

タアサイはツケナの仲間で、中国語で「塌菜」と書きます。「塌」は「つぶれる」という意味です。葉は平たく杯状に広がっており、さじ状で縮れがあり、日本の野菜では「キサラギナ」に似ています。

家庭菜園

カラシナ ピリッとした辛みを楽しむ

カラシナ(芥子菜)はアブラナ科の不結球菜類で、ピリッとした辛みのアリルイソチオシアネートは、食欲増進と殺菌効果を示します。栄養成分として、ビタミン類、ミネラルを多く含む緑黄色野菜です。

家庭菜園

カリフラワー 純白な花蕾を適期に収穫

カリフラワーの生育適温は15~20度といわれ、耐暑性、耐寒性のある野菜です。夏まき・秋冬採りが一年で最も作りやすい時期で、温暖地では7月中旬~8月下旬が種まき期です。

家庭菜園

ラッカセイ ゆでれば甘く、煎れば香ばしい

ラッカセイの根には、根粒菌が共生し、空気中の窒素を植物に供給するため、窒素の少ない土壌でも生育できます。

家庭菜園

カボチャ 強健で育てやすい

生育適温は17〜20度でウリ科野菜の中では比較的低温に強く、強健で病害虫も比較的少ない野菜です。

家庭菜園

ルバーブ 香気と酸味のあるジャムを楽しむ

ルバーブは特有の香気と酸味のある葉柄を利用する永年性の野菜です。

家庭菜園

ニラ 長い期間収穫を楽しむ

春(3、4月)に種まきし、育苗して、6、7月に植え付け、翌年の春〜秋に収穫します。

家庭菜園

カブのトンネル栽培 適切な温度管理を心掛ける

カブは、暑さと乾燥に弱いが、寒さには強いという特徴があります。

家庭菜園

畑仕事に便利な農具 快適で楽しい作業にするために

農具はかつての「村の鍛冶屋さん」が、農作業の用途や土質に適した形に作り上げた道具です。

家庭菜園

鳥獣害から菜園を守る

サル、シカ、イノシシをはじめ、都市近郊の菜園でも、アライグマやハクビシンの被害が増えています。

家庭菜園

ソラマメ マメ科野菜の連作を避ける

ソラマメはサヤが上向きに付くので空豆、サヤの形が蚕の繭に似ているので蚕豆とも書きます。

家庭菜園

ニンニク 適期に植え付け、追肥とかん水を行う

中央アジア原産と推定されるヒガンバナ科の多年生草本で、生育適温は15〜20度、暑さに弱く、寒さには比較的強い野菜です。

家庭菜園

シュンギク 収穫後に花も楽しもう

シュンギクの生育適温は15〜20度と冷涼な気候を好み、春(3〜6月)と秋(9〜11月)が栽培適期です。

家庭菜園

ミズナ(キョウナ)小株から大株まで楽しむ

ミズナ(水菜)は古くから京都で栽培されていたツケナの一種で、キョウナ(京菜)とも呼ばれます。

家庭菜園

ブロッコリー 側花蕾を春まで取り続ける

ブロッコリーは冷涼な気候を好み、生育適温は18〜20度です。

家庭菜園

ゴーヤー(ニガウリ)緑のカーテンにも最適

野菜の中でも、暑いほど生育が旺盛なゴーヤーは特有の苦味が特徴の夏の健康野菜です。

ページの先頭へ