JAあつぎ

トピックスTopics

香り豊かな新茶上々の出来

清川村で茶の摘採始まる

一番茶の摘採を行う同支援部の写真
一番茶の摘採を行う同支援部

 清川村で5月2日、茶の摘み取りが始まりました。今年は3月の気温が低く、やや生育が遅れたものの、新芽が出てからの適度な気温と降雨で順調に生育。生産者の出荷場所である同村煤ヶ谷の荒茶工場チャピュア清川は「天候にも恵まれ、晩霜の被害も少なく、品質の高いお茶が期待できる」と話しました。

 茶の摘み取りに合わせて、チャピュア清川も稼働を開始しました。生産者が持ち込んだ生葉は、蒸し機や粗揉機などの工程を経て、約4時間かけて荒茶に仕上げます。加工された荒茶は、㈱神奈川県農協茶業センターに出荷し、「足柄茶」として商品化されます。

 同村の茶生産は、生産者の高齢化や後継者不足が年々深刻化しています。そのような中、地域の茶業振興に向け「チャピュア清川支援部」が奮闘しています。

 チャピュア清川の守屋力委員長は「茶の栽培や収穫は人手が必要となることから、集団化による茶園管理は、地域の茶業を支える重要な役割。加工についても、一つ一つ丁寧に作業を進めていきたい」と話しました。

最近追加された記事

香り豊かな新茶上々の出来

 清川村で5月2日、茶の摘み取りが始まりました。今年は3月の気温が低く、やや生育が遅れたものの、新芽が出てからの適度な気温と降雨で順調に生育。

健苗生産へ安定供給目指す

 JAあつぎは、管内生産者に供給する水稲苗の生産に向け、水稲育苗センターの稼働を5月1日から開始しました。

今年も「厚木トマト」が最盛

 JAあつぎ管内で生産され、「かながわブランド」に登録される「厚木トマト」の出荷が最盛期を迎えています。

カーネ消費拡大へ連携

 厚木市園芸協会カーネーション部会は4月15日、日頃の支援や消費拡大への取り組みに感謝し、大貫盛雄組合長にカーネーションの花束を贈りました。

ページの先頭へ