JAあつぎ

トピックスTopics

地元強豪校からソフトボール学ぶ

JAあつぎソフトボール教室

強豪校の本格的なプレーを観戦する児童らの写真
強豪校の本格的なプレーを観戦する児童ら

 JAあつぎは8月19日、スポーツを通じた地域貢献活動の一環として、管内の児童を対象にソフトボール教室を厚木市及川の市営及川球技場で開きました。同教室は「ソフトボールの街」厚木としてのスポーツ振興と、子どもたちの健全育成を目的に企画。講師には、全国大会出場常連の強豪校である県立厚木商業高等学校女子ソフトボール部の監督・顧問・部員を招き、地域と連携した取り組みとして継続的に実施しています。

 当日は、45人が参加。投球フォームや守備練習を中心に指導を行いました。参加した児童は、日ごろの課題点などについて質問をしながら、技術の向上を図りました。練習後は、同部の迫力あるシートノックが披露され、強豪校の本格的なプレーに子どもたちからは歓声が沸きました。

最近追加された記事

地域農業の発展に向けて行政に要請

 JAあつぎ農政対策委員会は8月31日、「令和5年度農林施策要請・農林予算要望書」を厚木市と清川村に提出しました。

農大生の目線で食農教育

 JAあつぎは、管内の小学4~6年生とその保護者を対象に通年型食農教育事業「親子夢未Kidsスクール」を開いています。

次世代の組合員リーダー育成を図る

 JAあつぎは、幅広い視野に立った次世代を担う組合員リーダーの育成を目的に「組合員講座」を開講しています。

第52回厚木市農業まつり味覚祭

 JAあつぎは、8月19日と9月2日の2日間、「第52回厚木市農業まつり味覚祭」を開きました。

地元強豪校からソフトボール学ぶ

 JAあつぎは8月19日、スポーツを通じた地域貢献活動の一環として、管内の児童を対象にソフトボール教室を厚木市及川の市営及川球技場で開きました。

「夏休み!夢未市職場体験」を開催

 JAあつぎは8月3日から5日にかけての3日間、管内の小学4~6年生を対象に、JA農産物直売所「夢未市」で「夏休み!夢未市職場体験」を開催しました。

ページの先頭へ