JAあつぎ

トピックスTopics

育てる楽しさと収穫の喜び共有

荻野地区運営委員会「おぎの体験農園」

委員(左)から苗床の作り方を学ぶ参加者(右)の写真
委員(左)から苗床の作り方を学ぶ参加者(右)

 JAあつぎ荻野地区運営委員会は9月10日、組合員と地域住民を対象とした「おぎの体験農園」を開講しました。今年は9人が参加し、野菜の播種から収穫まで一連の流れを学んでいきます。

 当日は、キャベツとブロッコリー、ハクサイ、ダイコン、葉ニンニクの5品目を植えつけました。参加者は、鍬の使い方や苗床の作り方などを学びながら、品目ごとに異なる植え付けの間隔に気を付け、丁寧に作業を進めました。

 今後は、生育状況を見極めながら、追肥や土寄せ、かん水など、管理作業を進め、年内には収穫を迎える予定です。

最近追加された記事

親子で収穫の楽しみ味わう

 JAあつぎ睦合地区協同活動推進委員会は10月24日、「食の大切さ・親子のふれあい」をテーマに開く「親子ふれあい農園」の収穫祭を行いました。

無理なく楽しく続けて介護予防

 JAあつぎは、組合員や地域住民の健康管理および健康増進活動の充実を図るため、全5回のコースで構成する「介護予防運動教室」を開いています。

栽培体験通じ食と農のつながり学ぶ

 厚木市下依知の依知南ふれあい水田では、組合員とJA、市立依知南小学校が連携し、水稲の栽培体験教室を開いています。10月9日には、同小の5・6年生が6月に田植えを行ったもち米の収穫と掛け干し作業を体験しました。

親子交流で食と農の大切さ学ぶ

 10月9日、親子で地場農産物の魅力について学び、地産地消への理解を深めてもらおうと、JA本所で「親子で作る!カラフル餃子講習会」を開き、29組67人の親子が参加しました。

おいしいご飯で生活豊かに

 JAあつぎ女性部は、幅広い分野の教養を高め、部員に充実した生活を送ってもらおうと「カルチャー講座」を開いています。10月6日には、消費生活活動の一環として「おいしいごはんの炊き方教室」を開き、部員25人が参加しました。

ページの先頭へ