JAあつぎ

トピックスTopics

厚木のぶどうが最盛期迎える

丹精込めて育てたブドウを収穫する三橋さんの写真
丹精込めて育てたブドウを収穫する三橋さん

 JAあつぎ管内で生産され、かながわブランドに登録される「厚木のぶどう」が、8月中旬に出荷最盛期を迎えます。今年は、温暖な気候で玉張りも良く、十分に甘みがのったみずみずしい仕上がりとなりました。

 生産者の一人、同市小野にある「玉川ぶどう園」の三橋純子さんは、約50アールの圃場で「藤稔」や「巨峰」など8品種のブドウや露地野菜を栽培しています。

 同園では、管内で唯一ブドウ狩りの受け入れを行っており、古くからのリピーターも多く、毎年多くの来園者でにぎわっています。

 三橋さんのブドウは、同園でのもぎ取りのほか、JA農産物直売所「夢未市」や玉川農産物直売所などで販売する予定です。

最近追加された記事

農繁期前の点検で事故防止

 JAあつぎは、春期と秋期の年2回、農繁期を前に「農業機械整備会」を開いています。春期に開いた農業機械整備会では、221台の農機を整備・点検し、突発的な故障が減るなど、農作業事故の防止につなげています。

良質米収穫に向け確認進める

 JAあつぎは、良質・良食味米の生産振興を目的に8月28日から9月9日までの6日間、各地区の水田14会場で「水稲収穫時期現地検討会」を開きました。

地域農業の発展に向けて要望伝える

 JAあつぎ農政対策委員会は8月31日、「令和4年度農林施策要請書・農林予算要望書」を厚木市と清川村に提出しました。コロナ禍の状況を踏まえ、実情に即した要望を次年度農林施策に反映するよう訴えました。

ヒマワリで地域に笑顔を

 JAあつぎ青壮年部荻野支部は、景観美化と緑肥としての活用に向け、ヒマワリの栽培に2018年から取り組んでいます。

ラジオ放送700回記念でコラボジェラート販売

 FM Yokohamaのラジオ番組「JA Fresh Market」が8月28日の放送で700回目を迎え、放送を記念してJAあつぎ農産物直売所「夢未市」でコラボジェラートを販売しました。

ページの先頭へ