JAあつぎ

トピックスTopics

新鮮な厚木産バラを贈って笑顔に

厚木市園芸協会バラ部会

出荷に向けバラを整える内田さん夫婦の写真
出荷に向けバラを整える内田さん夫婦

 厚木市園芸協会バラ部会が生産する厚木産バラが6月中旬、出荷最盛期を迎えました。近年、燃料費の高騰などによる厳しい環境の中で、現在4戸の農家が厚木産バラの消費拡大に向け奮闘しています。

 同部の部会長を務める内田博夫さんは、良質なバラの栽培に情熱を注ぐ生産者の一人です。「サムライ08」や「ブロッサムピンク」など、7品種、年間約8万本の高品質なバラを出荷しています。

 収穫を迎えたバラは、出荷前日に施設から切り出し、妻のきよみさんとともに出荷準備を行います。赤や黄、白などの色ごとに選別を行った後は、保冷庫で温度を一定に保ち、市内の市場へ出荷します。自宅から市場までの輸送距離が短く、鮮度や品質が良いと評判を得ています。

協同活動に感謝込めて花束贈呈

大貫組合長(左から3人目)にバラを贈る部会代表者の写真
大貫組合長(左から3人目)にバラを贈る部会代表者

 厚木市園芸協会バラ部会は6月17日、JAあつぎ本所を訪れ、日ごろの花き消費拡大に向けた協同活動に感謝の気持ちを込めて、大貫盛雄組合長にバラの花束を贈りました。

 当日は、生産状況や消費動向などについて会談を行いました。JAは、生産者の生産意欲と所得の向上に向け、営農指導の強化を図るとともに、地場産バラの認知度向上を促し、地産地消の推進をさらに進めていくことを約束しました。

 同部会の内田博夫部会長は「今後もPR活動をJAと積極的に展開し、消費拡大を図っていきたい」と話しました。

最近追加された記事

第59回通常総代会を開催

 第59回通常総代会が5月28日、厚木市文化会館で開催されました。

砂で彩るオリジナルアート

 JAあつぎ睦合地区女性部・次世代部は5月27日、新たな方法で生活に花を取り入れることを目的に「グラスサンドアート講習会」を開きました。

採れたての味を自宅で

 JAあつぎ小鮎地区女性部は5月24日、野菜作りを楽しみ、食と農のつながりに理解を深めてもらおうと「家庭菜園講習会」を開きました。

作業実演で水稲の品質向上へ

 JAあつぎは5月14日と27日、依知地区と相川地区の2カ所で「水稲栽培代かき講習会」を開き、合計84人が参加しました。

食と農の大切さを子どもたちへ

 JAあつぎは5月14日、食と農の大切さを伝えようと、「夢未市」で小学生以下を対象とした食農教育イベントを開催しました。

安全で快適な生活に役立つ提案を

 JAあつぎは、日用品の展示や試供の機会を設け、組合員のニーズに合わせた商品の提案につなげています。安全で快適な生活に役立ててもらおうと、「電動アシストカー試乗会」を開きました。

ページの先頭へ