JAあつぎ

トピックスTopics

新年初売りで野菜の福袋を販売

夢未市・グリーンセンター新年初売り

野菜の福袋を手渡すJA職員の写真
野菜の福袋を手渡すJA職員

 「夢未市」・「グリーンセンター」は1月5日の初売りで、旬の地場農産物を詰めた福袋を数量限定で販売しました。新鮮で安全・安心な地場農産物で新年の幕開けを祝い、今年も健康で心豊かな生活を送ってほしいという願いを込めました。

 夢未市の福袋には、採れたてのキャベツやハクサイ、トマトなどの野菜に加え、旬のイチゴなど、数種類の農産物1000円相当を詰め合わせ、500円で販売。オープンから約15分で完売しました。

 来店者は「地元の新鮮な野菜が詰まった福袋を毎年楽しみにしている。今年も地産地消を意識し、地域農業を応援していきたい」と笑顔で話しました。

 夢未市の清田陽平店長は「生産者と消費者を結ぶ懸け橋として直売所は重要な役割を担う。今年も、生産者と一丸となって地場農畜産物の魅力を発信していきたい」と意気込みを語りました。

最近追加された記事

デジタル社会対応へスマホ講座

 JAあつぎは、組合員の暮らしの利便性向上やデジタルツールの利用促進を支援しようと、「LINEの使い方講座」を開きました。

「協同」への理解深める

 JAあつぎは、幅広い視野に立った次世代を担う組合員リーダーの育成を目的に「組合員講座」を開講しています。

女性部活動の魅力を発信

 JA神奈川県中央会とJA神奈川県女性組織協議会が主催する、令和5年度「生活文化活動体験発表会」が12月14日、海老名市文化会館で開かれました。

地場産花きの魅力を発信

 厚木市園芸協会花き温室部会は12月12日、アミューあつぎで厚木産の切り花を使った「フラワーアレンジメント教室」を開き、地域住民29人が参加しました。

サッカー通じ豊かな心育む

 JAあつぎは、スポーツを通じた子どもたちの健全育成という活動趣旨に賛同し、特定非営利活動法人(NPO法人)湘南ベルマーレスポーツクラブが開く小学校体育巡回授業に協力しています。

ページの先頭へ