JAあつぎ

トピックスTopics

新年初売りで野菜の福袋を販売

夢未市・グリーンセンター新年初売り

野菜の福袋を手渡すJA職員の写真
野菜の福袋を手渡すJA職員

 「夢未市」・「グリーンセンター」は1月5日の初売りで、旬の地場農産物を詰めた福袋を数量限定で販売しました。新鮮で安全・安心な地場農産物で新年の幕開けを祝い、今年も健康で心豊かな生活を送ってほしいという願いを込めました。

 夢未市の福袋には、採れたてのキャベツやハクサイ、トマトなどの野菜に加え、旬のイチゴなど、数種類の農産物1000円相当を詰め合わせ、500円で販売。オープンから約15分で完売しました。

 来店者は「地元の新鮮な野菜が詰まった福袋を毎年楽しみにしている。今年も地産地消を意識し、地域農業を応援していきたい」と笑顔で話しました。

 夢未市の清田陽平店長は「生産者と消費者を結ぶ懸け橋として直売所は重要な役割を担う。今年も、生産者と一丸となって地場農畜産物の魅力を発信していきたい」と意気込みを語りました。

最近追加された記事

新年初売りで野菜の福袋を販売

 「夢未市」・「グリーンセンター」は1月5日の初売りで、旬の地場農産物を詰めた福袋を数量限定で販売しました。

夢未市来店者数が500万人を突破

 開店から13年目を迎えた「夢未市」は12月15日、来店者数が500万人を突破しました。

食農の理解親子へ広がる

 12月10日、通年型食農教育事業「親子夢未Kidsスクール」の第4回カリキュラムと閉校式を開催しました。

仲間との活動熱く語る

 JA神奈川県中央会とJA神奈川県女性組織協議会が主催する2022年度「生活文化活動体験発表会」が12月8日、JAグループ神奈川ビルで開催されました。

見て知る安心の葬儀

 JAあつぎは、葬儀に対する疑問や不安の解消に向け、個別事前相談会やセミナーの開催など、相談体制の充実に努めています。

キャベツの共同出荷が最盛期

 JAあつぎキャベツ出荷組合は11月から2月までキャベツの共同出荷を行っています。

ページの先頭へ