JAあつぎ

トピックスTopics

SDGs達成へ地域で連携

JAあつぎが「あつぎSDGsパートナー」に登録

交付された「あつぎSDGsパートナー」の登録証の写真
交付された「あつぎSDGsパートナー」の登録証

 厚木市は、市内の企業・団体との連携を深め、SDGs達成に向けた取り組みを促進するため、独自の「あつぎSDGsパートナー」を設立しました。9月25日には、「アミューあつぎ」で第1期登録式が行われ、JAあつぎも登録団体の一つとして登録証を受け取りました。

 同JAでは、協同組合の基本である「相互扶助」のもと、組合員組織でもSDGsを意識した動きが強まっています。SDGsの実現には、組合員・地域住民と連携して進めることが重要なことから、広報活動を通じた理解促進やPRも図っていきます。

 大矢和人専務は「誰一人取り残さないSDGsの行動理念と協同組合の相互扶助の考え方はよく似ており、つながりが深い。今後も、地域社会を構成する一員として、組織・事業・経営の革新を図り、ステークホルダーとして社会的役割を果たしていきたい」と話しました。

最近追加された記事

夢ある未来へ今できることを

 厚木市は、自家用車などの利用抑制と公共交通の利用促進を図ることを目的とした社会実験「あつぎノーマイカーデー」を11月4日に行いました。J

持続可能なおもちゃで笑顔に

 女性部ボランティアグループ「ゆめみ隊」は10月21日、子育て支援・福祉活動の一環として「こひつじ愛児園」を訪問し、園児に手作りおもちゃを披露しました。

音頭通じてJAと地域農業をPR

 JAあつぎ女性部は10月18日、清川村緑ことぶき連合会が開いた「第18回緑ことぶき連合会芸能秋まつり」で、同部が作った「JAあつぎゆめみちゃん音頭」を披露しました。

花を育てて思いやりの心育む

 JAあつぎは、「花育」を通じて優しさや美しさ、思いやりの心を育むとともに、地域と一体となった活動で、世代間交流の促進やつながりづくりにつなげようと、「花の植栽事業」に取り組んでいます。

収穫の喜び皆で共有

 JAあつぎは10月15日、通年型食農教育事業「親子夢未Kidsスクール」の第3回を開催し、「田んぼの生きもの調査」と「稲刈り」を行いました。

有事の際へ実践的訓練

 JAあつぎは10月13日、JA睦合支所で強盗を想定した防犯訓練を行い、JA役職員らが参加しました。

地域の生産者から食と農を学ぶ

 JAあつぎは10月5日、地域で輝く次世代リーダーの育成やJAへの理解促進を目的に開催している女性大学「夢未スクール」の第3回カリキュラムを実施しました。

ページの先頭へ