JAあつぎ

トピックスTopics

農業生産資材高騰への対策を行政と協議

JAあつぎと厚木市が意見交換

小林市長に管内農家の声を伝える大矢専務(右)の写真
小林市長に管内農家の声を伝える大矢専務(右)

 JAあつぎは6月21日、燃料・飼料・肥料の価格高騰や、管内農業の現状について議論することを目的に、厚木市の小林常良市長ら5人と意見交換会を開催しました。本会では各々の農業生産資材高騰にかかる支援策や、今後の方針を共有しました。

 JAは本会に先立って、特に深刻な影響を受けている管内の酪農家に対し、聞き取りを実施。牛の餌として使用している乾牧草の価格が、乳価の6割に達しているなど、生産者からは厳しい現状を訴える声が相次ぎました。

 大矢和人専務は「このまま費用の高騰が続けば、管内農業に与える影響は計り知れない。対策に取り組むとともに、行政には緊急対策としての一時金のみならず、恒常的な補助を求めたい」と話しました。

小林市長に管内農家の声を伝える大矢専務(右)の写真
意見交換会に先立ち酪農家への聞き取りを実施

最近追加された記事

親子で学ぶ農業と生物多様性

 JAあつぎは7月29日と30日の2日間、管内の小学1年生から3年生の親子を対象に「田んぼの生きもの調査」を開きました。

農作業の省力化へ最新技術学ぶ

 JAあつぎは7月20日、農作業の省力化に向け注目がされるドローンの実演講習会を初めて開きました。

青壮年部荻野支部「津久井在来大豆の共同栽培」を開始

 青壮年部荻野支部は、津久井在来大豆の認知度向上や、地域農業への理解促進を目的に、「津久井在来大豆の共同栽培」に取り組み始めました。

地域を超えて福祉活動を学ぶ

 女性部ボランティアグループ「ゆめみ隊」は7月11日、JAはだの女性部目的別趣味グループ「笑顔ほほえみ(腹話術)」を講師に招き、福祉活動について学ぶ研修会を開きました。

JA役員による「組合員との対話運動」

 JAあつぎは、組合員・地域から必要とされるJAを目指し、組合員との対話運動を展開しています。

ページの先頭へ