JAあつぎ

トピックスTopics

教材本で農業の学び深めて

厚木市・清川村にJAバンク教材本を贈呈

佐後佳親教育長(左)へ教材本を贈呈(厚木市)の写真
佐後佳親教育長(左)へ教材本を贈呈(厚木市)
岩澤吉美村長(中)・山田一夫教育長(左)へ教材本を贈呈(清川村)の写真
岩澤吉美村長(中)・山田一夫教育長(左)へ
教材本を贈呈(清川村)

 JAあつぎは3月24日と29日、管内26小学校の新5年生と教職員に、JAバンクの小学生向け補助教材本『農業とわたしたちのくらし』2407冊を寄贈しました。

 この取り組みは、子どもへの農業や食、自然環境、経済活動などに対する理解を育み、農業ファン層の拡大や地域の発展に寄与することが目的です。

 当日は、JA役職員が厚木市役所と清川村役場を訪問。今後も、行政とJAが連携し、取り組みを通じて食農への理解促進を図っていくことを約束しました。教材本は、児童たちが食と農の大切さを学ぶため、総合学習や社会科の授業で活用される予定です。

最近追加された記事

健全な水稲苗を生産者へ

 JAあつぎは、管内生産者に供給する水稲苗の生産に向け、水稲育苗センターの稼働を4月28日から始めました。

完熟の味をより多くの人へ

 JAあつぎ管内で生産され、かながわブランドに登録される「厚木トマト」の出荷が最盛期を迎えています。

花でつながる地域の輪

 JAあつぎ依知支所は4月23日、地域の農とくらしをともに支えるパートナーである准組合員を対象に、「花の寄せ植え講習会」を開きました。

カーネーション出荷最盛期

 JAあつぎ管内のカーネーション農家ではカーネーションの出荷が最盛期を迎えました。

部員の力が集結したアートが完成

 JAあつぎ女性部・次世代部は、コロナ禍で思うような活動ができない中、組織の連帯感を維持し、同部のPRにつなげていこうと「SDGsフォトモザイクアート」を作製しました。

ページの先頭へ