JAあつぎ

トピックスTopics

厚木の梨が最盛期迎える

梨の生育状況を確認する鈴木さんの写真
梨の生育状況を確認する鈴木さん

 JAあつぎ管内で生産され、かながわブランドに登録される「あつぎの梨」が、出荷最盛期を迎えています。今年は、気温が高く収穫時期が早まったものの、大きな風水害の影響もなく、糖度や色づきともに良質な梨が出来上がりました。

 同市酒井の鈴木進一さんは、自宅に隣接する圃場で「幸水」や「豊水」、「あきづき」などを栽培しています。

 父から梨園を受け継いだ時、有機栽培に興味を持っていた鈴木さんは、有用微生物や酵素の作用によって地力を高め、作物が持つ能力を最大限に引き出す「酵素農法」を取り入れました。完熟堆肥や有用微生物で発酵させた米ぬか発酵ぼかし肥料、黒砂糖で発酵させた活性液などを施用することで、光合成を促進してミネラル豊富な甘みのある梨に仕上げています。

 鈴木さんは「都市近郊で、消費者と直接顔を合わせて梨を販売できる環境はとても貴重。そういったつながりを大切にし、あつぎの梨を多くの人に味わってもらいたい」と話します。

最近追加された記事

農繁期前の点検で事故防止

 JAあつぎは、春期と秋期の年2回、農繁期を前に「農業機械整備会」を開いています。春期に開いた農業機械整備会では、221台の農機を整備・点検し、突発的な故障が減るなど、農作業事故の防止につなげています。

良質米収穫に向け確認進める

 JAあつぎは、良質・良食味米の生産振興を目的に8月28日から9月9日までの6日間、各地区の水田14会場で「水稲収穫時期現地検討会」を開きました。

地域農業の発展に向けて要望伝える

 JAあつぎ農政対策委員会は8月31日、「令和4年度農林施策要請書・農林予算要望書」を厚木市と清川村に提出しました。コロナ禍の状況を踏まえ、実情に即した要望を次年度農林施策に反映するよう訴えました。

ヒマワリで地域に笑顔を

 JAあつぎ青壮年部荻野支部は、景観美化と緑肥としての活用に向け、ヒマワリの栽培に2018年から取り組んでいます。

ラジオ放送700回記念でコラボジェラート販売

 FM Yokohamaのラジオ番組「JA Fresh Market」が8月28日の放送で700回目を迎え、放送を記念してJAあつぎ農産物直売所「夢未市」でコラボジェラートを販売しました。

ページの先頭へ