JAあつぎ

トピックスTopics

新規就農者主体で小麦生産

小麦の収穫期を迎える

共同で小麦の収穫作業を行う生産者の様子
共同で小麦の収穫作業を行う生産者

 JAあつぎ管内では、耕作放棄地・遊休農地の解消に向け、新規就農者を中心に小麦の栽培に着手しています。今年は9人の生産者が「さとのそら」と「ゆめかおり」の2品種を生産。今年の作付面積は約585アールとなっています。6月上旬から、昨年11月に播種した小麦の収穫期を迎えました。

 各生産者は、倒伏に気を付けながら、子実を膨らませるための肥料量を調整するなど、良質な小麦生産へ力を注ぎ、今年も良質な小麦を生産。収穫された小麦は、JAの6次化商品として使用されます。

最近追加された記事

甘く肉厚な旬の味楽しんで

 JAあつぎメロン部会の会員が栽培する厚木産マスクメロンの集荷が7月1日から始まりました。

新規就農者主体で小麦生産

 JAあつぎ管内では、耕作放棄地・遊休農地の解消に向け、新規就農者を中心に小麦の栽培に着手しています。

新鮮な厚木産バラを贈って笑顔に

 厚木市園芸協会バラ部会が生産する厚木産バラが6月中旬、出荷最盛期を迎えました。

新茶の味わいを地域にお届け

 JAあつぎ農政対策委員会は、地元で生産される清川茶を管内の福祉施設17カ所に寄贈しました。

親子で学ぶ食と農の大切さ

 JAあつぎは6月5日、通年型食農教育事業「親子夢未Kidsスクール」を開校しました。

ページの先頭へ