JAあつぎ

トピックスTopics

若者や困窮者へ地元の特産で支援

NPO法人「フードバンクあつぎ」へ「厚木トマト」を寄贈

支援に向け「厚木トマト」を寄付している写真
支援に向け「厚木トマト」を寄付

 「フードバンクあつぎ」を運営するNPO法人Heart34は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、アルバイトの収入や仕送りが減って困窮する学生や生活困窮者を支援しようと、無償提供する食料品の寄付を呼び掛けています。これを受け、JAあつぎは5月26日、「かながわブランド」に登録され、管内の特産品である「厚木トマト」10ケース約200個を寄贈しました。

 当日は、JA役職員らが同法人を訪問。次代を担う学生たちや生活困窮者の力になればと期待を込め、「厚木トマト」を手渡しました。

 同法人でフードバンク事業の配布責任者である高橋秀男さんは「長引くコロナ禍で、支援を受けに訪れる学生が増えてきている。新鮮な地場農産物をはじめ、支援の輪で若者や生活困窮者を助けていければ」と話しました。

最近追加された記事

農繁期前の点検で事故防止

 JAあつぎは、春期と秋期の年2回、農繁期を前に「農業機械整備会」を開いています。春期に開いた農業機械整備会では、221台の農機を整備・点検し、突発的な故障が減るなど、農作業事故の防止につなげています。

良質米収穫に向け確認進める

 JAあつぎは、良質・良食味米の生産振興を目的に8月28日から9月9日までの6日間、各地区の水田14会場で「水稲収穫時期現地検討会」を開きました。

地域農業の発展に向けて要望伝える

 JAあつぎ農政対策委員会は8月31日、「令和4年度農林施策要請書・農林予算要望書」を厚木市と清川村に提出しました。コロナ禍の状況を踏まえ、実情に即した要望を次年度農林施策に反映するよう訴えました。

ヒマワリで地域に笑顔を

 JAあつぎ青壮年部荻野支部は、景観美化と緑肥としての活用に向け、ヒマワリの栽培に2018年から取り組んでいます。

ラジオ放送700回記念でコラボジェラート販売

 FM Yokohamaのラジオ番組「JA Fresh Market」が8月28日の放送で700回目を迎え、放送を記念してJAあつぎ農産物直売所「夢未市」でコラボジェラートを販売しました。

ページの先頭へ