JAあつぎ

トピックスTopics

家畜の御霊に感謝を捧げる

厚木市畜産会「第47回厚木市畜産会畜霊供養祭」

畜霊供養碑に手を合わせる会員の写真
畜霊供養碑に手を合わせる会員

 厚木市畜産会は3月12日、同市飯山にある飯山観世音長谷寺で「第47回厚木市畜産会畜霊供養祭」を開きました。同会では毎年、食肉として出荷された牛や豚などの家畜に感謝し、その霊を慰めようと、供養祭を開催しています。同会に所属する養豚農家や酪農家をはじめ、同市や、JAあつぎなどの畜産関係者らが参加しました。

 当日は、同寺の住職による読経の中、生産者や関係職員が一人ずつ焼香を上げ、いただいた命への感謝の思いを表しました。この他、同寺にある畜霊供養碑を訪れ、線香を上げ献花を行い、御霊を慰めるとともに畜産振興の願いを込め、手を合わせました。

 同会の小野晴巳会長は「コロナ禍で畜産農家にもさまざまな影響があったが、今年も供養祭を迎えることができた。今後も、家畜の命に感謝しながら、消費者に安全・安心で高品質な畜産物を提供できるよう、引き続き生産に励んでいきたい」と話しました。

最近追加された記事

児童へ食農の大切さ伝える

 JAあつぎは3月25日と29日、管内26小学校の新5年生にJAバンクの小学校高学年向け補助教材本『農業とわたしたちのくらし』2,320冊を寄贈しました。

地場産花きの消費拡大へ感謝

 厚木市園芸協会花き温室部会は3月17日、同市中町にある厚木市役所を訪れ、小林常良市長にフラワーアレンジを贈りました。

家畜の御霊に感謝を捧げる

 厚木市畜産会は3月12日、同市飯山にある飯山観世音長谷寺で「第47回厚木市畜産会畜霊供養祭」を開きました。

農業の担い手育成へ始動

 JAあつぎは、新規就農者の育成と地域住民に農業学習の場を提供することを目的に2021年度のJAあつぎ農業塾を開講しました。

災害時の地域住民の食を守る

 JAあつぎは、近年増加傾向にある自然災害などの緊急時用の保存食として、かながわブランドに登録する「あつぎせせらぎ米」を使った「災害備蓄用おかゆ」を製造しました。

ページの先頭へ