JAあつぎ

トピックスTopics

第52回厚木市農業まつり味覚祭

旬のブランド果実をPR

出品されたブドウの糖度を検査の写真
出品されたブドウの糖度を検査

 JAあつぎは、8月19日と9月2日の2日間、「第52回厚木市農業まつり味覚祭」を開きました。品評会や出品物の販売を通じ、かながわブランドに登録される「あつぎの梨」・「厚木のぶどう」の品質向上や消費拡大を図ります。

 当日は、JA本所で果実持寄品評会を実施。梨・ブドウ合計で49点が出品され、全体の大きさや色づき、糖度を確認するなど、審査が行われました。梨の部では、幸水・豊水・秀玉の3品種、ブドウの部では、巨峰やシャインマスカットなど、4品種が並びました。

 品評会の翌日には、JA農産物直売所「夢未市」で「品評会出品物コーナー」を設け、出品された梨・ブドウの特別販売を実施。出品物の販売と紹介を通じ、地場産の梨・ブドウを地域に広くPRするとともに、地域農業への理解促進にもつなげました。

最近追加された記事

地域農業の発展に向けて行政に要請

 JAあつぎ農政対策委員会は8月31日、「令和5年度農林施策要請・農林予算要望書」を厚木市と清川村に提出しました。

農大生の目線で食農教育

 JAあつぎは、管内の小学4~6年生とその保護者を対象に通年型食農教育事業「親子夢未Kidsスクール」を開いています。

次世代の組合員リーダー育成を図る

 JAあつぎは、幅広い視野に立った次世代を担う組合員リーダーの育成を目的に「組合員講座」を開講しています。

第52回厚木市農業まつり味覚祭

 JAあつぎは、8月19日と9月2日の2日間、「第52回厚木市農業まつり味覚祭」を開きました。

地元強豪校からソフトボール学ぶ

 JAあつぎは8月19日、スポーツを通じた地域貢献活動の一環として、管内の児童を対象にソフトボール教室を厚木市及川の市営及川球技場で開きました。

「夏休み!夢未市職場体験」を開催

 JAあつぎは8月3日から5日にかけての3日間、管内の小学4~6年生を対象に、JA農産物直売所「夢未市」で「夏休み!夢未市職場体験」を開催しました。

ページの先頭へ