JAあつぎ

トピックスTopics

地場産花きの消費拡大へ

厚木市園芸協会花き温室部会が厚木市役所にフラワーディスプレイを設置

見学する子どもに花の特徴を説明する難波部会長の写真
見学する子どもに花の特徴を説明する難波部会長

 厚木市園芸協会花き温室部会は12月6日から11日までの6日間、地場産花きの魅力をより多くの人に知ってもらい、消費拡大につなげていく目的で厚木市役所の入り口に「フラワーディスプレイ」を設置しました。

 今回設置したフラワーディスプレーは、幅1.8m奥行1.3mの大きさ。市内で生産されるカーネーションとバラの切り花約600本と、シクラメンやポインセチア、パンジーなどの鉢花約80鉢で制作しました。

 難波博文部会長は「フラワーディスプレイの展示を通じ、地域に笑顔の輪が広がってくれたらうれしい。今後も、地場産花きを身近に感じてもらえるよう、積極的なPRを図っていきたい」と話しました。

最近追加された記事

健全な水稲苗を生産者へ

 JAあつぎは、管内生産者に供給する水稲苗の生産に向け、水稲育苗センターの稼働を4月28日から始めました。

完熟の味をより多くの人へ

 JAあつぎ管内で生産され、かながわブランドに登録される「厚木トマト」の出荷が最盛期を迎えています。

花でつながる地域の輪

 JAあつぎ依知支所は4月23日、地域の農とくらしをともに支えるパートナーである准組合員を対象に、「花の寄せ植え講習会」を開きました。

カーネーション出荷最盛期

 JAあつぎ管内のカーネーション農家ではカーネーションの出荷が最盛期を迎えました。

部員の力が集結したアートが完成

 JAあつぎ女性部・次世代部は、コロナ禍で思うような活動ができない中、組織の連帯感を維持し、同部のPRにつなげていこうと「SDGsフォトモザイクアート」を作製しました。

ページの先頭へ