JAあつぎ

トピックスTopics

良質米収穫に向け確認進める

各地区で「水稲収穫時期現地検討会」を開催

営農指導員と共に生育状況を確認する生産者の写真
営農指導員と共に生育状況を確認する生産者

 JAあつぎは、良質・良食味米の生産振興を目的に8月28日から9月9日までの6日間、各地区の水田14会場で「水稲収穫時期現地検討会」を開きました。

 水稲の生育状況を踏まえ、気温に基づいた栽培管理ともみの黄化割合から判断する収穫適期の見極め方を指導しました。

 JAの営農指導員や県農業技術センター職員は、適期収穫や調整作業により品質向上を図るとともに、稲刈り時の作業で異物混入を防止するよう周知。収穫後は、できるだけ早く耕耘を行い、ひこばえの発生を抑制することで、ヒメトビウンカが媒介する縞葉枯病の発生を抑制するよう注意喚起を促したほか、近年発生が騒がれているスクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)については、管内でも生息が確認されていることから、発見した際は速やかにJAへ連絡をしてほしいと注意を促しました。

最近追加された記事

農繁期前の点検で事故防止

 JAあつぎは、春期と秋期の年2回、農繁期を前に「農業機械整備会」を開いています。春期に開いた農業機械整備会では、221台の農機を整備・点検し、突発的な故障が減るなど、農作業事故の防止につなげています。

良質米収穫に向け確認進める

 JAあつぎは、良質・良食味米の生産振興を目的に8月28日から9月9日までの6日間、各地区の水田14会場で「水稲収穫時期現地検討会」を開きました。

地域農業の発展に向けて要望伝える

 JAあつぎ農政対策委員会は8月31日、「令和4年度農林施策要請書・農林予算要望書」を厚木市と清川村に提出しました。コロナ禍の状況を踏まえ、実情に即した要望を次年度農林施策に反映するよう訴えました。

ヒマワリで地域に笑顔を

 JAあつぎ青壮年部荻野支部は、景観美化と緑肥としての活用に向け、ヒマワリの栽培に2018年から取り組んでいます。

ラジオ放送700回記念でコラボジェラート販売

 FM Yokohamaのラジオ番組「JA Fresh Market」が8月28日の放送で700回目を迎え、放送を記念してJAあつぎ農産物直売所「夢未市」でコラボジェラートを販売しました。

ページの先頭へ