JAあつぎ

トピックスTopics

地場産花きの消費拡大へ感謝

厚木市園芸協会花き温室部会

小林市長(右から2番目)にフラワーアレンジを寄贈の写真
小林市長(右から2番目)にフラワーアレンジを寄贈

 厚木市園芸協会花き温室部会は3月17日、同市中町にある厚木市役所を訪れ、小林常良市長にフラワーアレンジを贈りました。

 当日は、日ごろの農業政策と花き振興に対する感謝を伝えるとともに、花きの生産状況や販売における消費者動向などについて会談。コロナ禍でも、花のある暮らしを通じて、心身共に明るくなってくれたらと意見を交わしました。今後も、地場産花きの消費拡大に継続して取り組んでいくことを約束しました。

 同日には、地域で生産する花の魅力を伝えようと、市内全ての市立小中学校に鉢花の寄せ植えを寄贈。部会員は、地元で生産する花の特徴などを説明したほか、コロナ禍でも花を通じて少しでも明るい気持ちになってもらえたらと期待を込めました。

寄せ植えの特徴を説明する中山さん(左)の写真
寄せ植えの特徴を説明する中山さん(左)
寄せ植えを制作する部会員とJA職員の写真
寄せ植えを制作する部会員とJA職員

最近追加された記事

児童へ食農の大切さ伝える

 JAあつぎは3月25日と29日、管内26小学校の新5年生にJAバンクの小学校高学年向け補助教材本『農業とわたしたちのくらし』2,320冊を寄贈しました。

地場産花きの消費拡大へ感謝

 厚木市園芸協会花き温室部会は3月17日、同市中町にある厚木市役所を訪れ、小林常良市長にフラワーアレンジを贈りました。

家畜の御霊に感謝を捧げる

 厚木市畜産会は3月12日、同市飯山にある飯山観世音長谷寺で「第47回厚木市畜産会畜霊供養祭」を開きました。

農業の担い手育成へ始動

 JAあつぎは、新規就農者の育成と地域住民に農業学習の場を提供することを目的に2021年度のJAあつぎ農業塾を開講しました。

災害時の地域住民の食を守る

 JAあつぎは、近年増加傾向にある自然災害などの緊急時用の保存食として、かながわブランドに登録する「あつぎせせらぎ米」を使った「災害備蓄用おかゆ」を製造しました。

ページの先頭へ