JAあつぎ

旬の農産物情報

Seasonal Agricultural Products
11月のオススメ

キュウリ

Grape
9割が水分。
カリウムで血圧、シトルリンで血流の改善
キュウリの写真
  • 良質なものは両端がしっかりしている
  • 触れると痛いほどいぼがとがっていると新鮮
  • 太さが一定のものがおいしい。曲がりは気にしなくてOK
【保存法】
水けをふいて新聞紙に包み、ビニール袋に入れる。野菜室に立てて保存。低温に弱いため、冷やしすぎに注意。
【成分・有効性】
 キュウリは約9割が水分であるため、あまり栄養価は高くないと思われがちですが、数種類のビタミンやミネラルが含まれています。特に多いのがカリウム。体内の余分なナトリウムの排出を促す働きをすることから、高血圧の改善におすすめです。ちなみにキュウリをぬかみそ漬けにすると、ビタミンB1が約8.7倍、ビタミンKやカリウムは約3倍に増えます。 また、キュウリに多く含まれる成分のひとつにシトルリンがあります。シトルリンとはアミノ酸の一種で、一酸化炭素を作る働きがあり、血流を良くし、疲労回復や運動能力を高める作用など、さまざまな効果が期待されます。

生産者のご紹介

生産者の写真
南毛利地区木原 米雄さん
 13アールの圃場で、キュウリに接ぎ木をしない「自根栽培」を行っています。しっかり養分を蓄えたキュウリの表面には「ブルーム」と呼ばれる白い粉をまとっており、これが自根栽培の特徴でもあります。
 皮が薄くて身が柔らかい我が家のキュウリは、生はもちろん、漬物にも相性が良いと言われます。夏の暑さの影響などで例年より出荷量が少なくなりましたが、ぜひ、食べてみてください!
生産者の写真
相川地区大貫 浩一さん
 「厚木トマト」を栽培しているハウスで、キュウリを栽培。生育に必要な栄養をしっかり含んだ土壌で、台風などの影響も受けにくいため、形の揃ったキュウリを収穫しています。出荷の際は、鮮度の証であるトゲが落ちないよう丁寧に袋詰めしています。
 どんな料理にも活躍するキュウリですが、新鮮さを味わってほしいので、まずは生でみそなどをつけて召しあがってみてください。

旬の時期カレンダー

Seasonal Calendar

管内農産物マップ

Agricultural Map
ページの先頭へ