JAあつぎ

旬の農産物情報

Seasonal Agricultural Products
1月のオススメ

イチゴ

Strawberry
10粒で1日分のビタミンCが補える。
鉄や葉酸で貧血の予防・改善も
  • ヘタが濃い緑色でみずみずしいものは新鮮
  • 完熟ものはヘタの近くまで赤い
  • ツブツブがはっきりしているものが良品
【保存法】
ぬれると一気に傷みが進む。洗わずにラップで包み、野菜室へ。日持ちしないため、1~2日以内に食べきる。
【成分・有効性】
 イチゴはビタミンCがとても豊富。粒の大きさにもよりますが、小ぶりなものでも10粒ほどで1日のビタミンCの必要量を摂取できます。ビタミンCには抗酸化作用があり、老化防止や動脈硬化の予防に役立ちます。また、赤血球をつくる働きがある葉酸も多く、貧血の予防・改善にもおすすめです。
 イチゴの赤い色素はアントシアンによるもので、これにも抗酸化作用があります。細胞の酸化を抑えるほか、眼精疲労の回復などの効果が期待できます。この他、スッキリとした甘さは、キシリトールという天然の甘み成分によるもの。虫歯予防の効果があるとされています。
管内のイチゴについてはこちら(「JAあつぎの特産品 イチゴ」のページ)もご覧ください。
(イチゴ狩りやイチゴのレシピを掲載しています。)

生産者のご紹介

相川地区内海 則行さん
 厚木市下津古久にある18アールのハウスでイチゴを栽培。よつぼしや紅ほっぺ、かおり野など、計7品種を12月初旬から5月にかけて出荷しています。ハウスの温度や土壌の水分、日射量などを計測する農業用ICTを活用し、イチゴが常に最適な状態で育つよう気を配っています。
 イチゴは、ヘタを取って洗ってしまうとビタミンCが流れ出て水っぽくなってしまうので、食べる直前にさっと洗い、ヘタを取って食べるのがおすすめです。
相川地区小菅 稔久さん
 厚木市戸田で親の代から続くイチゴ栽培を受け継いでいます。糖度が高くさわやかな酸味が特徴のとちおとめや、濃赤色のさちのか、甘みと酸味が調和した恋みのりの3品種を12月中旬から6月初旬にかけて出荷しています。それぞれの香りや食感、風味の違いを食べ比べて、楽しんでください。
 イチゴは、先端の方が甘みが強く、ヘタの方から食べるとより強く甘みを感じられるので、ぜひ試してみてください。

旬の時期カレンダー

Seasonal Calendar

管内農産物マップ

Agricultural Map
ページの先頭へ