JAあつぎ

旬の農産物情報

Seasonal Agricultural Products
4月のオススメ

タマネギ

Onion
辛みのもとは硫化アリル。
血液の循環をよくしたり、体を元気にしてくれる
  • 頭の部分がギュッと締まっているとおいしい
  • 皮がよく乾いていてツヤのあるものが良品
  • 新鮮なものは皮の色にむらがない
  • 芽が伸びている場合は、取り除いて食べる
【保存法】
ネットに入れ、風通しのよい冷暗所に吊るしておくと2カ月はもつ。新タマネギは冷蔵庫で2週間ほどもつ。
【成分・有効性】
 タマネギには多くの品種がありますが、よく食べられているのは、皮が黄色の黄タマネギです。
 タマネギを刻むと独特の香りがして涙が出ます。これは辛み成分の硫化アリルによるもの。イオウ化合物の一種でさまざまな働きをします。 その一つがビタミンB1の体内への吸収を高め、効果を持続させる働き。糖質が効率よくエネルギーに変えられ、疲労回復やスタミナ増強につながります。 また、硫化アリルは血栓をできにくくしたり、動脈硬化を防ぎ、血液循環をよくするのに役立つとも言われています。 タマネギの薄い黄色の色素は、ケルセチンと言い、ビタミンPに含まれるポリフェノールの一種で、細胞の酸化を防ぎ、老化防止に役立ちます。 この他、ビタミンCやビタミンB6、カリウムも多く含まれています。

生産者のご紹介

小鮎地区沼田 武さん
 小鮎地区にある圃場で、タマネギを栽培しています。父の代から続くタマネギ栽培を受け継ぎ、現在、早生や中生など3品種のタマネギを育てています。水はけの良い圃場で、元肥を少なくして多めに追肥を行うなど、土地に合った栽培方法を実践しています。新タマネギは食感が柔らかく生で食べるのがおすすめ。その他の時期は、揚げ物や炒め物などにもよく合います。時期によって食べ方を変えて楽しんでみてください。
※店頭には「沼田恒子」のラベルで出荷しています
玉川地区三橋 政行さん
 55アールの畑でタマネギなどの露地野菜を栽培。毎朝畑を巡回し、病害虫や追肥の時期に気を付けて管理を行うほか、消費者の方の意見も聞きながら、栽培に生かしています。朝採りを基本に、出荷までは濡れた布を掛けておき、鮮度を保てるよう工夫しています。新タマネギは、生食でも辛さがなく甘みが強いのが特徴です。我が家では、湯がいたスティックセニョールと一緒に、サラダで食べています。ぜひ試してみてください。
荻野地区曾根 てる子さん
 30アールの圃場でタマネギなどの露地野菜を栽培しています。8月から播種を行い、気温の低い中で生育するため甘みが際立ちます。土づくりに力を入れ、農薬は極力使わないように心掛け、高品質で安全・安心な作物づくりを目指しています。消費者の方にもぜひ食べてほしいという思いから、葉付きで出荷しています。タマネギの葉は油やみそと炒めたり、みそ汁に入れて食べるのがおすすめです。
南毛利地区中村 允さん
 5アールの圃場で、タマネギを栽培しています。マルチやトンネルを使って圃場の管理をしっかり行うことで、天候や気温に左右されることなく、順調に生育しました。極早生のタマネギは辛みが少ないのが特徴で、サラダなどの生食に相性が良いほか、加熱するとより甘みが増します。我が家の子どもたちには、卵と醤油、砂糖と一緒に炒め物にして食べるのが人気です。

旬の時期カレンダー

Seasonal Calendar

管内農産物マップ

Agricultural Map
ページの先頭へ