JAあつぎ

親子夢未KidsスクールOyako Yumemi Kids School

夢未Kidsスクールスタンプ
第13期 親子夢未Kidsスクール

農大生の目線で食農教育

農大生とナスを収穫するスクール生の写真
農大生とナスを収穫するスクール生

 JAあつぎは、管内の小学4~6年生とその保護者を対象に通年型食農教育事業「親子夢未Kidsスクール」を開いています。8月27日の第2回では、本スクールに協力する東京農業大学の学生が、野菜と生き物に関する2種類の特別授業を実施しました。

 野菜に関する授業では、ナスやピーマン、ジャガイモを収穫し、成分を分析。身近な野菜の育ち方や栄養素を学びました。生き物に関する授業では、校内で飼育される羊の観察や、羊毛を使ったマスコット作りを行いました。大学施設内での貴重な体験は、子どもたちの思い出に残る活動となりました。

 農大生は「普段学んでいる野菜や生き物の知識を子どもたちに改めて伝えることで、自分の学びを深めるきっかけになった。1年を通じて、スクールに参加する親子と地域の農業を勉強していきたい」と話しました。

第13期 夢未Kidsスクール これまでの記事

農大生の目線で食農教育

 8月27日の第2回では、本スクールに協力する東京農業大学の学生が、野菜と生き物に関する2種類の特別授業を実施しました。

第13期親子夢未Kidsスクール開校

 JAあつぎは6月4日、通年型食農教育事業「親子夢未Kidsスクール」を開校しました。

ページの先頭へ