JAあつぎ

トピックスTopics

地域農業の大切さをPR

「食べよう!育てよう!地場産農産物・花の寄せ植えプレゼント」を実施

「育てよう!」コースの寄せ植えを届けるJA職員の写真
「育てよう!」コースの寄せ植えを届けるJA職員

 JAあつぎは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、毎年行う「厚木市農業まつり畜産祭・収穫祭」を中止・自粛としたことから、新たな方法で地域農業の発展と理解促進を図っていこうと「食べよう!育てよう!地場産農産物・花の寄せ植えプレゼント」と題した企画を実施しました。同企画では、「食べよう!」と「育てよう!」の2コースを設け、厚木市・清川村在住者から応募を募りました。合計で約2,300人の応募があり、12月には当選者へ発送を行いました。

 今回の応募では、准組合員世帯や員外世帯の応募が約90%に上るなど、JAの理解を広げる貴重な機会となりました。今後も、継続して地域にJA・農業への理解促進を図る企画を検討していきます。

最近追加された記事

医療従事者への支援に感謝状

 JAあつぎは2月15日、JAが医療従事者への支援として地場産花きと米を贈呈したことについて、厚木市から感謝状を受け取りました。

食味検討でより高品質な豚肉生産を

 厚木市畜産会の養豚・養鶏部は2月9日、同部員の豚肉を試食し、各農場の豚肉を部員と関係機関へ配送する新たな形で「豚肉食味検討会」を開き、意見交換を行いました。

地域農業支える新たな仲間

 JAあつぎが地域農業の担い手育成を目的に開講する農業塾の卒業生5人が2月15日、JA農産物直売所「夢未市」へ待望の初出荷を行いました。

完熟の甘いイチゴを味わって

 JAあつぎ管内では、1月からイチゴ狩りのシーズンを迎えています。

サッカー通じて思いやりの心育む

 JAあつぎは、特定非営利活動法人(NPO法人)湘南ベルマーレスポーツクラブが開く体育巡回授業に「巡回授業パートナー」として協力しています。

ページの先頭へ