JAあつぎ

トピックスTopics

収穫適期逃さず良質な米を

各地区で「水稲収穫時期現地検討会」を開催

籾の黄化割合を確認

 JAあつぎは、良質・良食味米の生産振興を目的に8月29日から9月10日までの7日間、各地区の水田14会場で「水稲収穫時期現地検討会」を開きました。

 水稲の生育状況を踏まえ、気温に基づいた栽培管理と籾の黄化割合から判断する収穫適期の見極め方を指導しました。

 JAの営農指導員や県農業技術センター職員は、適切な乾燥や調整作業により品質向上を図るとともに、稲刈り時の作業で異物混入を防止するよう周知。収穫後は、できるだけ早く耕耘することで、ヒメトビウンカが媒介する縞葉枯病の発生を抑制するよう注意喚起を促したほか、近年発生が騒がれているスクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)については、管内でも生息が確認されていることから、発見した際は速やかにJAへ連絡をしてほしいと注意を促しました。

最近追加された記事

セット配布で高齢者の健康をサポート

 JAあつぎ助け合い活動すずしろは、新型コロナウイルス感染症拡大による活動自粛に伴い、ミニデイサービス参加者に、自宅で実践できる体操の仕方や花種などを同封した「自宅でできる活動セット」の配布を10月下旬に行いました。

来店者に喜ばれる店舗づくりを

 JAあつぎ玉川地区女性部は、安心して暮らせる地域づくりと、同支所を利用する来店者に喜ばれる店舗づくりを目的に、年金受給日にあたる偶数月の10月15日に合わせて、郷土料理の振る舞いや手芸品のプレゼントなどを行っています。

環境変化に応じた作付けを

 厚木市園芸協会やさい部会は、消費者ニーズを捉えた商品提供と、温暖化に伴う発芽障害の課題解消に向け、「推奨野菜PR事業」に取り組んでいます。

地場農畜産物の魅力をPR

 JAの公式インスタグラムを活用した「DaidoCoひなた動画deレッスン!」の動画配信を10月より本格的に開始しました。

JAあつぎ農業塾「茶コース」

 10月7日に行われたカリキュラムでは、県農業技術センターの職員と茶園担い手組織「チャピュア清川支援部」を講師に招き、秋整枝作業の重要性や刈り取り時のポイントなどについて説明。

ページの先頭へ